Trending

Special

月面着陸の真相 

Show

分裂する小惑星 

Episode

宇宙からの破壊兵器 

Live

宇宙遊泳の罠 

Special

ナチスと月探査 

Special

北海道の味覚 

Show

比叡山延暦寺の精進料理 

Show

アストンマーティンV12ヴァンテー 

Banner Image

シーズン一覧

エピソード

エピソード名

The Widowmaker: Part 2  Sub

今シーズンも終わりを迎えようとしていた。ノースウエスタン号ではシグが大変なことに。心臓発作を起こしてしまったのだ。"ワイルド"ビルは息子ザックの暗い秘密を知ってしまう。ブレナA号の新人船長のショーンは、初めてのシーズンを成功させようと必死。船長の訓練をしているジョシュも認めてもらえるように頑張っていた。ジョナサンはカニの神様に祈る。

放送日時

04/19/2017(水) 19:00
04/20/2017(木) 11:00
04/21/2017(金) 05:00
04/23/2017(日) 07:00
04/27/2017(木) 03:00

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 12)

The Widowmaker: Part 1  Sub

シーズン終了間近。それぞれの船はラストスパートをかける。サガ号ではジェイクが友人に助けを求める。ケープ・コーション号では水漏れが発生。"ワイルド"ビルが必死に修理しようとする。荒れた海で沿岸警備隊が病気の乗組員を救出しようとする。火事に遭ったノースウエスタン号はもうボロボロの状態。シグもストレスで健康状態が心配だ。

放送日時

04/12/2017(水) 19:00
04/13/2017(木) 11:00
04/14/2017(金) 05:00
04/16/2017(日) 07:00
04/20/2017(木) 03:00

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 12)

Life Or Death Decision  Sub

船長として訓練中のジョシュ・ハリスは大きな賭けに出る。彼が狙った場所にカニはいるのか?ノースウエスタン号は火事の影響を引きずっていた。遅れを取り戻したいが、思うようにカニは獲れない。シグは娘に助けを求める。"ワイルド"ビルの息子のザックは重大な決断を迫られる。ブレナA号のショーンは順調。しかし彼のうぬぼれが仇となる。

放送日時

04/05/2017(水) 20:00
04/06/2017(木) 03:00
04/06/2017(木) 12:00
04/07/2017(金) 06:00
04/09/2017(日) 07:00

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 12)

Blood & Guts  Sub

火事に遭ったノースウエスタン号にとっては最悪のシーズン。何とか遅れを取り戻そうと漁に専念する。港に戻ったタイムバンディット号も遅れを取り戻すため、新たな漁場を探す。ブレナA号の若い船長ショーンは乗組員をまとめるため、ユニークなルールを決める。ウィザード号ではケンカが勃発してしまう。

放送日時

04/02/2017(日) 07:00

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 12)

Fire At Sea: Part 2  Sub

ベーリング海の冬も半分過ぎてしまった。ウィザード号のキースは見つけにくいバラダイ種のカニを追う。舵を任された"ワイルド"ビルの息子のザックは、腕を試される。サガ号では、乗組員が引き揚げた重いカゴに潰されそうになる。そして電気系統が壊れ、真っ暗になったノースウエスタン号で火事が発生してしまう。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 12)

Fire At Sea: Part 1  Sub

タイムバンディット号はカニが思うように獲れず苦戦中。そんな中、乗組員の妻が出産し、一刻も早く港に戻らなければならない。船長として訓練中のジョシュ・ハリスは、船長になるにはここで成功しなければならない。ブレナA号では乗組員が大失敗。ショーンの決断とは?ノースウエスタン号では娘のマンディが戻ってシグは喜ぶ。ところが火事が発生してしまう。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 12)

Settling The Score  Sub

冬も本番を迎え、ベーリング海の男たちは寒さと闘っている。ブレナA号の23歳の船長ショーンは乗組員に押されぎみ。しかし父親の教えを思い出し、立ち上がる。ノースウエスタン号ではシグが乗組員たちを厳しく扱う。キースも使えない新人たちに頭を悩ませていた。コーネリア・マリー号の船長として訓練中のジョシュ・ハリスは、船長ケイシーと衝突する。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 12)

Raw Deal  Sub

嵐が止み、どの船も遅れを取り戻すために全力を出している。ウィザード号のキースはタイムバンディット号のジョナサンと手を組むことにする。サガ号の船長となったジェイクは使えない乗組員のケニーに苦労する。"ワイルド"ビルは船長として使えるように、息子のザックを鍛えている。そんな時にケガ人が発生。早速ザックが舵を取ることに。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 12)

Proving Grounds  Sub

どの船もベーリング海の冬の嵐を乗り切ろうとしていた。タイムバンディット号も荒波の中、必死に踏ん張っていた。サガ号のジェイクは漁場に最初にたどり着けるように急ぐ。ところがそんな中、ある乗組員のミスが目につく。ブレナA号の新人船長のショーンは、嵐の間は海に出ないと決断。これから巻き返さなければ借金を返すことができない。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 12)

Into The Gale  Sub

嵐とともに、ベーリング海に冬がやってきた。どの船の船長も大きな決断をしなければならない。嵐の中で漁を続けるか、やめるか。サガ号は海には出ず、船長となったジェイクは陸で乗組員に対応する。ブレナA号の新人船長のショーンは自分の決断に自信が持てない。コーネリア・マリー号では、乗組員の命を犠牲にしてまで設備を守ろうとする。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 12)

Winter Is Coming  Sub

ベーリング海に寒い冬が近づいてきた。タラバガニ漁も終盤に入り、男たちはラストスパート。しかしそんな時に嵐が近づき、荒波と闘うことに。ウィザード号も嵐の中ラストスパート。ところが乗組員たちに危険が。コーネリア・マリー号では嵐のせいで電気系統がダウンしてしまう。サガ号は船の修理のため海に出ることができず、ジェイクのイライラが募る。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 12)

Cold War  Sub

タラバガニ漁がそろそろ終わりを迎える。ノースウエスタン号では漁のやり方で、船長のエドガーとベテラン乗組員がもめている。酔った乗組員のせいでサガ号に危険が。タイムバンディット号ではジョナサンが大きな賭けに出る。ブレナA号の新人船長のショーンは新たな方法で乗組員たちをまとめることに。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 12)

100% Injury Rate  Sub

今シーズン最悪の嵐がベーリング海に吹き荒れる。ブレナA号の新人船長ショーンは、昔からの友人とカニ漁のどちらかを選ばなければならない。"ワイルド"ビルは息子で乗組員のザックの漁の腕を疑う。ノースウエスタン号では、焦ってイライラしているエドガーに乗組員たちが反発。コーネリア・マリー号では乗組員が痛みに苦しむ。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 12)

Million-Dollar-Bet  Sub

ベーリング海では、見つけにくいオオズワイガニを追う船も出ている。サガ号の船長となったジェイクは急いでタラバガニを届けたい。1つしかないエンジンで、近道のため危険な海域を通ることに。コーネリア・マリー号では手術が行われる。ノースウエスタン号ではエドガーの息子のエリックを迎える。ウィザード号のキース船長は生活を見直そうとしていた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 12)

Swedish Twins  Sub

船長の訓練をしているコーネリア・マリー号のジョシュ・ハリスは、体調の悪い船長に代わり乗組員たちをまとめることに。ブレナA号の新人船長のショーンは、荒れた海の洗礼を受ける。激しい嵐の中、経験が少ない乗組員しかいないのだ。ケープ・コーション号の"ワイルド"ビル船長は眠そうな新人たちに気合いを入れる。タイムバンディット号のジョナサンは自身の病気と、油漏れと闘う。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 12)

No Good Deed...  Sub

必要な道具を忘れてしまったコーネリア・マリー号のジョシュ・ハリスは、ケープ・コーション号の"ワイルド"ビル船長に助けを求める。最も若い船長、ブレナA号のショーンは初めてのカゴを引き揚げることに。カニはかかっているのか?ジョナサン・ヒルストランドは友人であるウィザード号のキース船長にアドバイスを求める。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 12)

First Timers  Sub

若き船長ショーンが率いるブレナA号は、初めてのカニ漁シーズンの準備を始める。サガ号の船長となったジェイクは、昔からの友人を雇ったことを後悔。ケープ・コーション号の"ワイルド"ビル船長も、息子のザックが雇った乗組員に苦戦していた。私生活で悩むウィザード号のキース船長は、意外な人物に相談する。ジョナサン・ヒルストランドだ。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 12)

Carpe Diem  Sub

ベーリング海で新たなカニ漁のシーズンが始まる。23歳の若き船長ショーンが率いるブレナA号も参戦。亡くなった父親の思い出を胸に戦う。タイムバンディット号では違法な方法に手を出そうとしていた。ウィザード号のキース船長は新たなシーズンの始めから私生活の悩みを抱えていた。ノースウエスタン号のシグはライバルとなった元部下に対抗する。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 12)

Deadliest Catch: A Season in Hell (Season 11 Recap)  Sub

今回は地獄のようなシーズンだった。ベーリング海では今までにないほど巨大な嵐が吹き荒れ、ケープ・コーション号の盗難騒動も発生。サガ号の船長となったジェイクは最初から大きなミスをした。コーネリア・マリー号のジョシュは乗組員に大ケガを負わせる寸前に。タイムバンディット号では血が流れる騒ぎが起きた。船長たちが激動のシーズンを語る。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch: A Season in Hell (Season 11 Recap)

We Have Not Yet Begun To Fight  Sub

ズワイガニシーズンも残りわずかという時に流氷群が漁場に近づいていた。戦うか逃げるか、船長たちはそれぞれ決断を下す。サガ号は沈没の危機に…。ジェイクは乗組員たちを救うことができるのか。コーネリア・マリー号ではジョシュが仲間の忠告を無視して大きな賭けに出る。タイム・バンディット号に巨大な氷が近づいていた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 11)

I'm The Captain  Sub

流氷群が漁場に近づいている。ノースウエスタン号では、最悪のコンディションの中、シグ船長が大きな賭けに出る。サガ号では新人船長のジェイクがリーダーシップを保とうと必死。ウィザード号ではキース船長が人手不足に悩んでいた。コーネリア・マリー号ではカニがとれなくなっていた。船長のジョシュはどうするのか?

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 11)

Beastmode  Sub

今日はスーパーボウルの日。カニ漁船の乗組員たちもみんな試合が見たくて仕方がない。しかしウィザード号では乗組員がケガをしてしまい、キックオフまでに町に戻ることができないかもしれない。コーネリア・マリー号では船上で試合を見る予定だ。一方ケープ・コーション号の"ワイルド"ビル船長は試合よりもカニに夢中。しかしケガや機材の不調に悩まされる。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 11)

New Blood, Old Wounds  Sub

ズワイガニシーズンの終わりが見えてきた。大荒れの天気で、船の上では全員が精神的にも肉体的にも追い詰められている。サガ号のジェイクの一番の問題は人間関係。シグとの関係はどうなるのか?ケープ・コーション号では、乗組員がケガをしてしまう。漁を続けることはできるのか?ウィザード号ではキース船長が新人乗組員をクビにしようとしていた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 11)

Bite The Hand  Sub

ベーリング海は相変わらず大荒れ。しかしズワイガニのシーズンは終わりに近づいていた。サガ号の新人船長のジェイクはカニがまったくとれずに悩んでいた。そして元ボスのシグに助けを求める。ウィザード号では女性乗組員が嵐の洗礼を受ける。ケープ・コーション号では、船も乗組員も"ワイルド"ビル船長も、厳しい海に我慢の限界に達している。新人船長のジョシュ・ハリスも海に出る。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 11)

5-Year Storm Part 2  Sub

1月のベーリング海で男たちは命がけで嵐と戦っていた。ノースウエスタン号ではベテランのシグ船長が作戦を立てる。タイム・バンディット号でもベテランのアンディが船を仕切っていたが、危険が襲いかかる。ダッチハーバーではジョシュ・ハリスが嵐ではなく乗組員と戦っていた。船長になったばかりのサガ号のジェイクだが、船長として最後の仕事となるかもしれない

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 11)

5-Year Storm Part 1  Sub

ベーリング海は大荒れ。男たちは危険な天候の中ズワイガニ漁を続ける。ケープ・コーション号は高波で船が破壊されてしまう。ウィザード号でも水漏れが起きてしまい、急いで修復を試みる。サガ号は船長になったばかりのジェイクが早速苦戦していた。巨大な波が近づいてくる…。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 11)

New Captain On The Block  Sub

残りの船もすべてズワイガニ漁を始めていた。サガ号にはエリオット・ニースに代わり新しい船長がやってきた。ノースウエスタン号にいたジェイクだ。船長として働く準備を進めるが、ノースウエスタン号の仲間に会って気が変わりそうになる。タイム・バンディット号にはアンディが帰ってきた。"ワイルド"ビルは長年の恨みを晴らす。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 11)

Lunatic Fringe  Sub

他の船もズワイガニ漁を始める。タイム・バンディット号のジョナサン・ヒルストランド船長は新人に手を焼く。ノースウエスタン号のジェイクに子供が産まれる。そして彼は重大な決断を下す。ケープ・コーション号では爆発が起きてしまい、ある乗組員が問題に。ノースウエスタン号にも新人が入る。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 11)

Hell's Bells  Sub

ベーリング海にもクリスマスがやってきた。タイム・バンディット号はクリスマス・イブからズワイガニ漁を始めていた。新たな乗組員も加わった。しかし新人のせいでクリスマスが悪夢に変わってしまう。ノースウエスタン号では、シグ船長に鍛えられていたジェイクにある人から電話が。そしてとうとうエドガーが船に戻ってくる。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 11)

Zero Hour  Sub

タラバガニ漁のシーズンがそろそろ終わる。ウィザード号ではキース船長がいない間、副船長のモンティが船長を務める。シーズンの間、ノースウエスタン号ではシグ船長がジェイクを鍛え上げていた。その成果は?コーネリア・マリー号ではジョシュ・ハリスがラストスパート。ケープ・コーション号の"ワイルド"ビル船長は時間との勝負だ。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 11)

Heavy Lies The Crown  Sub

タラバガニ漁のシーズン開始から4週目。コーネリア・マリー号ではジョシュ・ハリスが、信頼されていた父親フィルのような船長になろうともがいていた。そんな中、別の乗組員にイタズラを仕掛けることに。ノースウエスタン号ではシグ船長がジェイクをビシバシ鍛えていた。彼も操舵室を目指しているが、短気な性格が災いして道のりは遠そうだ。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 11)

Wasted Talent  Sub

サガ号ではプライベートでも問題があった船長のエリオット・ニースが、重大な決断を下す。ノースウエスタン号ではエドガーの穴を埋めるためにジェイクが活躍。しかしジェイクはそろそろ妻に子供が産まれそうでソワソワしている。ウィザード号のキース船長はコーネリア・マリー号のジョシュ・ハリスに会いに行き、アドバイスをする。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 11)

Super Typhoon Part 2  Sub

ベーリング海は台風の影響で大荒れ。男たちは諦めて陸に戻るか、厳しい台風に立ち向かうか、どちらか選ぶ必要がある。しかし陸に戻ったのはタイム・バンディット号だけ。他の船は荒れた海と闘いながらカニ漁を続けることにした。その甲斐あってウィザード号は大漁。しかし乗組員が大変なことに。そして船長の経験が浅いジョシュ・ハリスの弱さが露呈してしまう。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 11)

Super Typhoon Part 1  Sub

ベーリング海に嵐が近づいていた。ケープ・コーション号の"ワイルド"ビル船長は慌ててカゴを引き上げ、逃げることに。そんな時に新人の乗組員が大変なミスをしてしまう。ウィザード号のキース船長は嵐の中でも漁を続けようとする。そのため、怪我をした乗組員の交代要員を呼ぶことに。ノースウエスタン号も嵐から逃げようとしていた。その前にカゴを引き上げたいが、波がどんどん大きくなっていく…。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 11)

The Ultimatum  Sub

ベーリング海は荒れ、高波により男たちは吐き気と闘っている。しかし遅れをとったジョシュ・ハリスが恐れているのは水ではない。コーネリア・マリー号から出火してしまったのだ。ウィザード号では乗組員が船長に反抗する。ノースウエスタン号では大量のカニが獲れそうなときに、シグ船長の弟が離脱する。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 11)

Prodigal Son  Sub

ベーリング海のカニ漁が本格的に始まった。今年は入ってくる金も大きい。他の船には負けないよう、どの船も闘志を燃やしている。タイム・バンディット号とウィザード号は一時休戦をし、手を組むことにする。ノースウエスタン号ではシグ船長の厳しさにより、漁は順調だ。しかし乗組員たちはついて来てくれるのか?コーネリア・マリー号はスタートで出遅れてしまった。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 11)

A Brotherhood Tested  Sub

ベーリング海に男たちが帰ってきた。今年もタラバガニ漁のシーズンが始まるのだ。新たなシーズンには新たな苦難もある。乗り越えるためには仲間たちとの絆が大事になってくる。しかし男たちはシーズン早々からとんでもないことを考えていた。なんと花火を打ち上げようとしているのだ。ノースウエスタン号ではイタズラを計画していた。そして沿岸警備隊が出動する事態に?

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 11)

Deadliest Catch (Season 10 BTS)  Sub

「ベーリング海の一攫千金」はすでに10シーズン目に突入し、数々のエミー賞を受賞してきた。シーズン10もメンバーの麻薬中毒が発覚したり、政府の問題が起きたり、波乱続きだった。今回は放送されなかったシーンを紹介する。厳しいベーリング海でのカニ漁は仕事ではなく、サバイバルだ。過酷な闘いの撮影の裏側とは。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 10 BTS)

"You'll Know My Name Is The Lord..."  Sub

第66回プライムタイム・クリエイティブアート・エミー賞で作品賞・撮影賞・編集賞の3部門を受賞したS10の最終話。ハリケーンが漁船団を襲い、コーネリア・マリー号は沈没の危機に。タイムバンディット号ではケガ人が発生。ノースウエスタン号は最悪の状況で修理作業が必要になる。そんな中ウィザード号は最高のフィナーレを迎えようとしていた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 10)

Sabotage  Sub

ズワイガニ漁の終わりが見えてきた。しかしベーリング海ではトラブルが相次いでいる。ケープ・コーション号ではある人物の工作のせいで漁を早めに切り上げることになるかもしれない。コーネリア・マリー号では言うことを聞かない乗組員にジョシュが苦戦していた。ピンチだったタイムバンディット号には懐かしい顔が。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 10)

Breaking Mandy  Sub

ズワイガニ漁のラストスパートでベーリング海の男たちは疲れ果てていた。唯一の女子、ノースウエスタン号のマンディはカニ漁の辛さを分かり始めていた。サガ号では機材が壊れてしまい、エリオット・ニースと乗組員のバトルが勃発。"ワイルド"ビルは行き過ぎた態度を見せた乗組員の処遇に悩んでいた。シーブルック号では手術を終えたキャンベル船長が戻ってきた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 10)

Greatest Game Ever Fished  Sub

アメリカはスーパーボウルのシーズン。ベーリング海でも盛り上がっている。しかしズワイガニ漁を止めるわけにはいかない。コーネリア・マリー号は岩や高波と闘っていた。コディアック号ではスーパーボウルで盛り上がりすぎた乗組員に"ワイルド"ビル船長がイライラ。タイムバンディット号では船が故障。今シーズンはもう漁ができないかもしれない。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 10)

Women Drivers  Sub

ベーリング海の男たちはズワイガニ漁で大忙し。ノースウエスタン号ではシグが娘のマンディに舵を取らせる。乗組員たちはそれを見て不満気だ。コーネリア・マリー号の船長のジョシュ・ハリスは乗組員の反発を受ける。サガ号ではエリオット・ニースの新しい彼女が現れ、みんなイライラ。コディアク号では"ワイルド"ビル船長が乗組員に激怒する。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 10)

Blonde Ambition  Sub

ズワイガニのシーズンの真っただ中。男たちはカニ漁についての意見は様々だが、あることについては一致している。"ベーリング海は女が来る場所ではない"ということ。そんな中ノースウエスタン号にシグ船長の娘、マンディがやってきた。18歳の彼女はベーリング海の試練を乗り越えられるのか。さらにサガ号では新人が致命的なミスをしてしまう。ウィザード号でも恐ろしいケガが。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 10)

Fisherman's Daughter  Sub

船員のケガや船の故障にも負けずに、男たちは漁を続けている。ケープ・コーション号ではケガをした新人にも容赦ない。コーネリア・マリー号では船員が400キロ近くあるカゴにぶつかりノックアウト。タイム・バンディット号ではエンジンが爆発する危険が。ノースウエスタン号ではある人物の体臭が問題に。シグ船長は娘を船に迎える。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 10)

Skipper Harris In Training  Sub

ズワイガニのシーズンが始まって間もなく、ベーリング海は猛烈な嵐に見舞われる。ケープ・コーション号では新人が海の洗礼を受け、ケガをしてしまう。コーネリア・マリー号の船長となったジョシュ・ハリスはカニ漁の難しさを痛感する。ノースウエスタン号は炎上の危険が。ウィザード号の行く手を阻むのは巨大な流氷だ。しかし何があっても男たちは止まらない。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 10)

Cornelia Marie Blue  Sub

ズワイガニのシーズンがスタートし、ノースウエスタン号に驚きのメンバーが加わる。シグ船長の18歳の娘、マンディだ。彼女たっての希望でカニ漁に参加することとなったが、他の船員たちの反応は?酒浸りだったエリオット・ニースはリハビリから戻り、漁に復帰する。そして亡くなったフィル・ハリス船長のコーネリア・マリー号がベーリング海に帰ってくる。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 10)

Lost At Sea  Sub

ベーリング海での男たちの戦いは続くが、2隻の船はカニ漁どころではなかった。病院で痛みと戦うスコット・キャンベルは復帰できないかもしれない。酒浸りのエリオット・ニースはリハビリを受けるべきか葛藤していた。そんな中、海で動きが取れなくなった船を沿岸警備隊が命懸けで救助する。しかし隊員の1人が最悪の事態に…。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 10)

Falling Down  Sub

どの船も一獲千金を狙って必死だがトラブルが多発する。ある船では船長が病院に運ばれて作業がストップ。もう1隻では船長が酒浸りに…。さらに停電が起きたり、どの船もカニ漁に集中できない。タイムバンディット号ではジョナサン・ヒルストランドが、まだ若いということを見せつける。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 10)

On The Rocks  Sub

どの船もズワイガニ漁の準備に入っていた。そんな時、海に出ている船が沈みそうだと緊急連絡が入り、男たちに緊張感が走る。ケープ・コーション号では新人がカニ漁の過酷さに音を上げていた。ノースウエスタン号ではエドガーが船長となり、大きな賭けに出る。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 10)

Against The Law  Sub

タラバガニのシーズンが終わりを迎えようとしていた。どの船も焦りを隠せない。しかしシーブルック号は凄まじい嵐に遭遇し、漁どころではない。タイムバンディット号ではジョナサン・ヒルストランドがある人物と手を組むことに。サガ号とウィザード号も最後の追い込みをかけていた。中には違法な作戦に出る者も…。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 10)

Darwin's Law  Sub

ベーリング海はまたしても嵐が吹き荒れていた。しかし陸揚げの日が近づいているため、男たちは荒波の中でも漁を続けるしかない。ノースウエスタン号ではストレスがたまった乗組員たちが危険な遊びをする。サガ号の船長、エリオット・ニースは舵取りのトラブルが。大好調のウィザード号の船長、キース・コルバーンはある記録を更新しようと意気込んでいた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 10)

Family Affair  Sub

タラバガニのシーズンは2週目に突入。タイムバンディット号に新人が入るが、嵐の中ではできる仕事がない。順調そうなノースウエスタン号では停電が。前シーズンでは好調だったサガ号のエリオット・ニース。しかしそれはビギナーズラックだったのか?そして強風が吹き荒れるベーリング海で、ある船員に命の危険が。強風の中でヘリコプターでのレスキューが難航する。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 10)

Episode 1  Sub

今年もタラバガニのシーズンが始まる。若い乗組員たちはベテランたちに実力を見せようと気合は十分。しかしなんと政府機関が閉鎖し、手続きができないため漁に出ることができない。最悪のスタートとなってしまう。ようやく海に出ると、男たちは遅れを取り戻すために必死。危険をかえりみずに悪天候の中でも漁を続けたため、ベーリング海が牙をむく。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 10)

Deadliest Catch-Up (Season 9)  Sub

嵐が吹き荒れる極寒の海でカニ漁に挑む男たち。シーズン9は番組史上、最も過酷なシーズンとなった。ベテラン船員に歯向かう新人、兄弟対決…。シーズン9のベストシーンを振り返る。さらにその裏側では何が起きていたのか?放送されなかったシーンも公開する。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 9) Recap Special

Deadliest Catch (Season 9 Behind the Scenes)  Sub

波乱だらけだったシーズン9の撮影の裏側に迫る。10月、アラスカのダッチ・ハーバーに撮影隊が集まっていた。総額200万ドルの機材を使い、40人の撮影クルーが命がけのカニ漁に密着するのだ。シーブルック号ではカメラマンのケガでカニ漁は中断。さらに番組のサウンドトラックの製作も紹介。命がけのカニ漁は撮影も命がけなのだ。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 9 Behind the Scenes)

Episode 16  Sub

悪夢のようなズワイガニのシーズンが終わろうとしていた。若い世代の腕が試される時。ノースウェスタン号では、エドガーが再び操舵室に。ジェイク・アンダーソンには危険が迫っていた。新人が命にかかわるひどいケガをするが、嵐のため救助が来ないという場面も。ウィザード号では兄弟たちが大もめ。そしてベーリング海のベテランが1人、敗北を受け入れる。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 9) Int'l Version

Episode 15  Sub

機材の不調や、もめ事が何ヶ月も続き、男たちの我慢も限界に。ウィザード号では海に浮かぶセイウチの死骸に苦戦。フレディ・モーガタイが活躍する。ノースウェスタン号ではハンセン船長がひどい水揚げを経験していた。こんなことはカニ漁を始めて以来だ。タイムバンディット号は重い氷によって、船が傾きつつあった。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 9) Int'l Version

Episode 14  Sub

ズワイガニのシーズンはあと3週間。船長たちはラストスパートに必死だが、天候も道具も船員も思い通りにならない。不調のキャンベル船長は意外な人物に相談する。ウィザード号の新人は早速意地悪なベーリング海の洗礼を受ける。エリオット・ニースは新しい船に苦戦していた。船員が辞めてしまい、ビルは仕事が増えててんてこ舞いだ。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 9) Int'l Version

Episode 13  Sub

シーズンは半分過ぎてしまったが、ベーリング海は船にも男たちにも容赦ない。ズワイガニの漁場では巨大な氷の塊が押し寄せ男たちを悩ませていた。ノースウェスタン号、シーブルック号、タイムバンディット号、ウィザード号では道具を守るのに必死。ケープ・コーション号ではビルが35年のキャリアの中で最も過酷な時を経験していた。クルーたちもついていけない。エリオット・ニースは新しい船を試す。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 9) Int'l Version

Episode 12  Sub

男たちは史上最悪のズワイガニシーズンを経験していた。船も船員たちもボロボロ。ケープ・コーション号では"ワイルド"ビル船長が船員たちとモメていた。そんな中、機械の故障で船が沈む危機に…。サガ号では船長のエリオット・ニースが元恋人との関係に悩んでいた。そして船員たちがヒートアップしていたウィザード号には希望の光が。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 9) Int'l Version

Episode 11  Sub

嵐は落ち着いたが、ズワイガニ漁は絶不調。必死になっているタイムバンディット号のヒルストランド船長は船員たちに長時間の労働を課す。船員たちも黙ってはいなかった。ケープ・コーション号でも船員の怒りが爆発。船長ビルに息子であるザックが食ってかかる。ウィザード号では船員同士が我慢の限界に。大ゲンカに発展してしまう。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 9) Int'l Version

Episode 10  Sub

巨大な嵐が直撃。男たちのサバイバル力が試される。キャンベル船長が病気の父親に会うため、いったん漁をストップしていたシーブルック号は、他の船に追いつくように必死だ。しかしこんな嵐では他の船も好調とは言えない。シーブルック号とウィザード号では新人たちが悪戦苦闘。キャンベル船長の状況も一層複雑になる。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 9) Int'l Version

Episode 9  Sub

ズワイガニのシーズンが2週目に入る。そんな中、巨大な嵐が男たちを苦しめる。スタートで出遅れてしまったタイムバンディット号のヒルストランド兄弟はさらなるピンチに。サガ号も大波に苦しめられるが、恋愛に悩む船長は心ここにあらず状態だ。キャンベル船長が病気の父親に会いに行ったため、シーブルック号は漁をいったんストップする。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 9) Int'l Version

Episode 8  Sub

2013年のズワイガニ漁がスタート。そんな矢先、タイムバンディット号ではとんでもない事故が起きてしまう。サガ号では船長のエリオット・ニースが仕事での目標を達成。そして今度は私生活でもある目標を達成しようとしていた。ケープ・コーション号では"ワイルド"ビルが新人にイライラ。シーブルック号ではスコット・キャンベル船長に不安な知らせが。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 9) Int'l Version

Episode 7  Sub

タラバガニのシーズンが終わろうとしていた。それぞれの漁船は最後の水揚げを開始する。ケープ・コーション号ではビルと息子の親子ゲンカがヒートアップしていた。そしてサガ号のエリオットも父親とひと悶着。ズワイガニのシーズンが始まろうとする中、ノースウェスタン号ではジェイクが船を去ろうか迷っていた。ジョシュは久しぶりにコーネリア・マリー号に乗り込む。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 9) Int'l Version

Episode 6  Sub

ノースウェスタン号ではシグではなくエドガーが船長を務めることとなった。しかし船員のジェイクの暗い秘密が明らかとなり、船は大混乱に陥る。エリオットのサガ号は水揚げが好調。しかし同盟を組んだシーブルック号のジュニアとの仲が悪化してしまう。タイム・バンディット号はフォルスパスの荒波に悪戦苦闘。ウィザード号ではサプライズを用意していた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 9) Int'l Version

Episode 5  Sub

タラバガニのシーズンに入り5週目。ベーリング海の雰囲気が変わろうとしている。ノースウェスタン号では大きな問題を抱えていた。これからの厳しいシーズンの間、一体誰が船長を務めるのか?そしてサガ号とシーブルック号ではライバルたちが手を組み一獲千金を狙っていた。ケープ・コーション号では、ビルがカニだけではなく船員たちとも悪戦苦闘。ウィザード号では最高の水揚げを祝っていた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 9) Int'l Version

Episode 4  Sub

漁場では船がひしめき合っていた。火花を散らしていたサガ号とシーブルック号だが、意外な結末を迎える。ノースウェスタン号では船長のシグが弟の将来について難しい決断を下そうとしていた。今シーズン新たに加わったケープ・コーション号の"ワイルド"ビルはようやく波に乗れたようだ。しかし船員が痛いミスを犯してしまう。タイム・バンディット号でも危機一髪の事態が起きていた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 9) Int'l Version

Episode 3  Sub

漁場では船長たちが火花を散らしていた。タイム・バンディット号の水揚げは好調。今シーズンから参加しているケープ・コーション号は経験の浅さが問題となっている。さらにウィザード号とシーブルック号では乗組員たちがダウンしてしまう。キースとの同盟関係を裏切ったジュニアに痛い仕打ちが待っていた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 9) Int'l Version

Episode 2  Sub

いよいよ漁が開始。船はそれぞれの漁場へと向かう。ジュニアとキースが手を組むが、さっそくうまくいかない。今年から新たに参加するケープ・コーション号は初めから苦戦しているようだ。サガ号はようやく漁場に到着する。シグのノースウェスタン号は好調。しかし別の船が脅威となる。タイム・バンディット号はクラゲが大漁だ。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 9) Int'l Version

Episode 1  Sub

2012年のタラバガニ漁が解禁。アラスカのダッチハーバーに男たちが帰ってきた。2011年のズワイガニ漁は最悪だったため、男たちの気合も十分。新たな2隻の船も加わる。以前コディアック号の船長だった“ワイルド”ビルのケープ・コーション号と、ランブリン・ローズ号の船長だったエリオット・ニースのサガ号だ。ノースウエスタン号では早速エドガーとシグ船長がバトルに。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch (Season 9) Int'l Version

Deadliest Catch Recap (Season 8)  Sub

嵐が吹き荒れる極寒の海でカニ漁に挑む男たちの姿を克明に追ったシリーズのシーズン8総集編。漁獲割当量の半減、巨大ハリケーン、流氷…そして、仲間との別れ。さまざまな問題に苦しめられた今季を振り返る。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Recap (Season 8)

Deadliest Catch: Inside The Catch: Near Death  Sub

嵐が吹き荒れる極寒の海でカニ漁に挑む男たちの姿を克明に追ったシリーズ/危険なカニ漁で九死に一生を得たシーンのハイライト。ベーリング海でのカニ漁は危険だらけ。船の上で一歩踏み外せば凍るような海が待ち受けているのだ。危険な状況下で頼りになるのは仲間たちと、沿岸警備隊の勇敢な隊員たち。乗組員たちが九死に一生を得た瞬間をご覧いただこう。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch: Inside The Catch: Near Death

Deadliest Catch: Inside The Catch: Deckhands  Sub

嵐が吹き荒れる極寒の海でカニ漁に挑む男たちの姿を克明に追ったシリーズ/今回のスペシャルでは甲板員たちをご紹介。船長はいわば、カニ漁の脳…司令塔だ。そしてカニ漁の心臓、魂、筋肉となるのが甲板員たち。甲板員になるには何が必要なのか?なぜ彼らは最果ての地で一獲千金を狙うようになったのか?厳しい労働にもかかわらず、なぜ毎年ベーリング海へと戻るのか?地球上で最もタフな男たちの生活にスポットを当てる。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch: Inside The Catch: Deckhands

Deadliest Catch: Inside The Catch: Best Brawls  Sub

嵐が吹き荒れる極寒の海でカニ漁に挑む男たちの姿を克明に追ったシリーズ/カニ漁中に起きた熱いケンカのハイライト。漁船の上は乗組員たちの緊張も高まっており、常に一触即発の状態だ。長い労働時間、どれだけ水揚げできるかは一か八かの賭け、命を懸けた危険な作業。冷静な男でもついカッとなってしまうような環境なのだ。口論だけで終わる場合もあれば、抑えがきかなくなり殴り合いになる場合も…。熱くなりすぎた男たちのケンカのシーンの数々をご覧いただこう。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch: Inside The Catch: Best Brawls

Deadliest Catch - Behind The Scenes (Season 8)  Sub

嵐が吹き荒れる極寒の海でカニ漁に挑む男たちの姿を克明に追ったシリーズのシーズン8/シーズン8の番組の裏側をご紹介。危険なベーリング海ではカニ漁だけでなく撮影も命がけ。シーズン8でもカメラマンたちは命の危険に何度も直面していた。巨大ハリケーンに、過去数十年間で最大という流氷…。カメラマンが乗組員を救助する場面も。彼らはいつも自問していた。“どうして命をかけてまで撮影を続けるのか?”。苦しかったズワイガニシーズンが終わり、クルーたちは無事港に戻る。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch - Behind The Scenes (Season 8)

Episode 16  Sub

嵐が吹き荒れる極寒の海でカニ漁に挑む男たちの姿を克明に追ったシリーズのシーズン8/大波乱のズワイガニシーズンは最後どうなってしまうのか?過酷なズワイガニシーズン、フィナーレの2時間スペシャル。ベテランの乗組員がミスで大ケガを負ってしまう。最後の最後で喜ぶ者も、悔しがる者も…。全員が無事に帰宅することはできるのか?

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 8 (Intl. Version)

Episode 15  Sub

嵐が吹き荒れる極寒の海でカニ漁に挑む男たちの姿を克明に追ったシリーズのシーズン8/海に再び出た男たちを待ち受けていたものとは?兄弟は緊迫した事態に直面していた。父親の船が沈んだ時と同じ状況だ。少し時間を置いた後、男たちは極寒のベーリング海へと再び出るが、流氷は一層ひどくなっていた。乗組員たちは極限まで追い詰められていく。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 8 (Intl. Version)

Episode 14  Sub

嵐が吹き荒れる極寒の海でカニ漁に挑む男たちの姿を克明に追ったシリーズのシーズン8/大ピンチの中、船長たちの勇気が試される。かつてないほど大量の流氷に悩まされ、いくつかの船は港に戻ってきた。停電になってしまい暗闇の中、危険な流氷を切り抜けてきた船も…。ある出来事から新人乗組員が教訓を得る。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 8 (Intl. Version)

Episode 13  Sub

嵐が吹き荒れる極寒の海でカニ漁に挑む男たちの姿を克明に追ったシリーズのシーズン8/極寒の海の中、氷だらけの船で男たちはどこまでやれるのか?海を覆う流氷のせいでどの船も苦境に立たされている。このままカニ漁を続けるべきか、諦めるべきか…。諦めることを決意する船も出る中、氷に戦いを挑み、記録的な水揚げを狙おうという船も…。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 8 (Intl. Version)

Episode 12  Sub

嵐が吹き荒れる極寒の海でカニ漁に挑む男たちの姿を克明に追ったシリーズのシーズン8/漁場が流氷に覆われ、カニ漁は難航する。流氷のせいで今年のズワイガニシーズンは勝ち目が見えない。船長たちは決断を迫られる。カニ漁を諦めるか、それとも過酷な状況に屈せずに戦い続けるのか。氷による事故で乗組員が負傷したり、1本の電話から、さらなる苦境に陥る船長も…。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 8 (Intl. Version)

Episode 11  Sub

嵐が吹き荒れる極寒の海でカニ漁に挑む男たちの姿を克明に追ったシリーズのシーズン8/逃げるべきか、続けるべきか…男たちは決断を迫られる。それぞれの船の船長たちは必死だった。流氷のせいで仕掛けておいたカゴを失いそうなのだ。ノースウエスタン号とウィザード号はセント・ポール港に何とか避難をしようとする。男たちのズワイガニシーズンはどうなってしまうのか?

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 8 (Intl. Version)

Episode 10  Sub

嵐が吹き荒れる極寒の海でカニ漁に挑む男たちの姿を克明に追ったシリーズのシーズン8/今回のズワイガニシーズン最大の敵は流氷だった。容赦ない強風が船に吹きつけていた。そんな過酷な状況の中、男たちは流氷にぶつからないように必死だった。気温がどんどん低下していく中、船の上では苛立ちを隠せない乗組員たちがヒートアップしていた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 8 (Intl. Version)

Episode 9  Sub

嵐が吹き荒れる極寒の海でカニ漁に挑む男たちの姿を克明に追ったシリーズのシーズン8/ズワイガニシーズンのスタート直後から男たちはトラブル続き。アラスカのダッチハーバーに冬が来た。ズワイガニシーズンのスタートだ。割当量も取引高も上がるという好条件に恵まれ、今シーズンに期待がかかる。しかし、漁が始まる前からトラブルが続出。メンバーが辞めたり、兄弟がケンカをしたり、極寒の海に落ちたり…。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 8 (Intl. Version)

Episode 8  Sub

嵐が吹き荒れる極寒の海でカニ漁に挑む男たちの姿を克明に追ったシリーズのシーズン8/タラバガニシーズンが終わる直前にさらなるトラブルが発生…。過酷なタラバガニシーズンは終わりを迎えようとしていたが、巨大ハリケーンの余波により、すべての船が苦しんでいた。漁獲量の不振に加え、乗組員同士の衝突もおさまらず…。ベーリング海ではまだまだ男たちの戦いが続く。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 8 (Intl. Version)

Episode 7  Sub

嵐が吹き荒れる極寒の海でカニ漁に挑む男たちの姿を克明に追ったシリーズのシーズン8/急病人にハリケーン…シーズン最後まで乗組員は気を抜けない。ウィザード号では突然、倒れてショック状態に陥った新人乗組員を救おうと必死だった。沿岸警備隊のヘリコプターが出動する緊急事態に、他の乗組員たちはその後も動揺を隠せない。他の船はハリケーンが襲来する前に何とか水揚げしようと、体当たりで海に立ち向かう。巨大なハリケーンが迫る中、すべての船が無事に漁を終えることはできるのか。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 8 (Intl. Version)

Episode 6  Sub

嵐が吹き荒れる極寒の海でカニ漁に挑む男たちの姿を克明に追ったシリーズのシーズン8/タラバガニシーズンの終盤、乗組員たちのラストスパート。タラバガニシーズンが終わりを迎えようとする中、ウィザード号では緊急事態に直面していた。乗組員が突然ショック状態に陥り、生死の境をさまよっているのだ。ベーリング海の男たちは突如としてカニ漁どころではなくなってしまう。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 8 (Intl. Version)

Episode 5  Sub

嵐が吹き荒れる極寒の海でカニ漁に挑む男たちの姿を克明に追ったシリーズのシーズン8/いよいよシーズンも後半に差し掛かり、乗組員たちも船も、いたるところで不具合が出始める。船の設備は修理をして直すこともできようが、乗組員たちに救いの手は差し伸べられない。身体的疲労も、精神的苦痛も、ただひたすら耐え忍び、働き続けるしか道のない苛酷な世界なのだ。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 8 (Intl. Version)

Episode 4  Sub

嵐が吹き荒れる極寒の海でカニ漁に挑む男たちの姿を克明に追ったシリーズのシーズン8/寒さと荒波、睡眠不足に苦しむシーズンも半ばを迎え、乗組員たちの疲れはピークに。水揚げ量も振るわない中、弱音を吐くばかりの新入り乗組員に対する風当たりは強くなっていく。新人たちは根性を見せることができるのか、それとも船を去る運命が待ち受けるのか…。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 8 (Intl. Version)

Episode 3  Sub

嵐が吹き荒れる極寒の海でカニ漁に挑む男たちの姿を克明に追ったシリーズのシーズン8/ケガや精神的疲労が重なる中、ベーリング海の男たちは負のサイクルに落ちていく。それまでコントロールできていたはずの仲間との対人関係や自分の弱みが、徐々に手に負えないものへと変わっていくのだ。一方、船長たちは乗組員たちの仕事ぶりに目を光らせる。タイムバンディット号では、乗組員たちが、夭逝した仲間ジャスティンに別れを告げる。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 8 (Intl. Version)

Episode 2  Sub

嵐が吹き荒れる極寒の海でカニ漁に挑む男たちの姿を克明に追ったシリーズのシーズン8/漁獲割当量が半分に削減されて始まった今季のカニ漁…船長たちは、それぞれに作戦を練る。ブルーの漁場へ向かう船団とレッドの漁場へ向かう船団に分かれ、いよいよ漁が開始される。ブルーの漁場で狙うのはタラバガニ、レッドの漁場ではズワイガニを追うのだ。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 8 (Intl. Version)

Episode 1  Sub

嵐が吹き荒れる極寒の海でカニ漁に挑む男たちの姿を克明に追ったシリーズのシーズン8/カニ漁の解禁を前に、非情にも漁獲割当量半減の知らせが届く。従来のおよそ半分しかない今季の割当量…どれだけ他の船より効率よく漁を進め、利益を確保できるかは船長たちの判断にかかっている。出航を待たずして始まった今季の男たちの闘い…従来どおりの漁場で数少ないズワイガニを追うのが吉と出るか、捕まえにくくても利益率の高いタラバガニを狙いに行くのが吉となるか…。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 8 (Intl. Version)

Deadliest Catch - Behind The Scenes (Season 7)  Sub

一攫千金を狙いカニ漁に挑む、命知らずの男たちの人気シリーズ、シーズン7/今回は壮絶な撮影の裏側をお見せする番外編。「ベーリング海の一攫千金」の撮影は一筋縄ではいかない。荒れる海、不機嫌な甲板員、暴君的な船長と立ち向かわなければいけないのだ。撮影クルーは船酔いやケガに苦しみながら懸命に撮影するが、乗組員の怒りを買うこともある。ベテランのプロデューサーが経験の浅い船長と衝突したり、ベテラン船長が新人カメラマンに怒りをぶつけたり…。船の上では撮影クルーも命がけなのだ。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch - Behind The Scenes (Season 7)

Deadliest Catch - Best Of Season 7  Sub

一攫千金を狙いカニ漁に挑む、命知らずの男たちの人気シリーズ、シーズン7/今回はスペシャル版、シーズン7選りすぐりのベストシーンを振り返る。コーネリアマリー号の名物船長、フィル・ハリスが亡くなり、悲しみの中で幕を開けた2010年のタラバガニ漁シーズン。新たなメンバー、新たなプレッシャー、新たな栄光、新たな苦しみ…、数々のドラマが船の上で展開された。男たちがベーリング海で必死に耐えた5ヶ月を振り返ろう。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch - Best Of Season 7

Deadliest Catch: Greenhorns  Dub

命がけでカニ漁に挑む男たちの姿を追った人気シリーズ「ベーリング海の一攫千金」の番外編…カニ漁に志願してきた新人たちの姿を特集する。情け容赦なく襲いかかる10m級の荒波、身を切る寒さの中、寝食もままならない苛酷なカニ漁に挑むグリーンホーン(新人)たちが経験するのは、究極の厳しさで知られる「実地研修」だが、ここで認められなければ、カニ漁師への道は閉ざされてしまうのだ。全シリーズを通じ、30人近い新人が番組に登場したが、今も同じ夢を追い続けているのは、わずか数人にすぎない。口の悪い先輩たちから与えられた厳しい試練の場を見事行き抜き、漁師の仲間入りを果たすまで成長した新人たちの姿を振り返る。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch: Greenhorns

Episode 16  Sub

一攫千金を狙いカニ漁に挑む、命知らずの男たちの人気シリーズ、シーズン7/ベーリング海でのカニ漁のシーズンもいよいよ終盤になり、乗組員たちは意気揚々と水揚げを持って港に戻る。しかしコーネリアマリー号にとっては、雲行きは限りなく怪しいものになっていた…。シーズン7待望の最終話。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 7 (Intl. Version)

Episode 15  Sub

一攫千金を狙いカニ漁に挑む、命知らずの男たちの人気シリーズ、シーズン7/仲間との衝突、船の故障、突然のケガ・・・悪夢のような時期が始まる。タイムバンディット号のメンバーは寝不足で機嫌が悪く、甲板員同士で衝突する。そして船から落とされそうになるアクシデントも・・・。そしてランブリン・ローズ号では機器がオーバーヒートで故障してしまう。コーネリアマリー号では、珍しく甲板での作業に出た船長のトニー・ララが慣れない作業でケガをする。そしてシーブルック号でもスコット・キャンベル船長がとんでもない事態に・・・。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 7 (Intl. Version)

Episode 14  Sub

一攫千金を狙いカニ漁に挑む、命知らずの男たちの人気シリーズ、シーズン7/ズワイガニシーズン終了間際で焦る男たち・・・体力も限界にきている。ウィザード号は波が荒くて港に近づけない。ようやく荷降ろしが済み、計量。一体いくら手にすることができるのか?ノースウエスタン号では船長のシグが甲板員マットの度重なるミスに爆発寸前。一方、ジェイク・アンダーソンはミスがなく、シグの信頼を得る。シーブルック号のスコット・キャンベル船長は弟がなぜ家に帰ろうとしているのか問い詰める。コディアク号では船長が好調な水揚げに喜んでいたが、ある問題が持ち上がる。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 7 (Intl. Version)

Episode 13  Sub

一攫千金を狙いカニ漁に挑む、命知らずの男たちの人気シリーズ、シーズン7/水揚げ好調な船もあれば不調な船も・・・ズワイガニシーズンも終盤に。コーネリアマリー号の水揚げは不調。そこで甲板員が失敗を犯す。餌が不足していることを船長に言い忘れていたのだ。一方ランブリン・ローズ号は好調。しかしそんな時に船に異変が・・・。タイムバンディット号では新人が“乗組員らしい言葉使い”をレクチャーされる。ウィザード号では船長のキースが手を抜いている新人を叱責する。またしても新人がギブアップしてしまうのか。シーブルック号も好調だが、船長の弟が家に帰ると言い出し・・・。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 7 (Intl. Version)

Episode 12  Sub

一攫千金を狙いカニ漁に挑む、命知らずの男たちの人気シリーズ、シーズン7/船長たちがズワイガニシーズンの運命を分ける判断を下す。コーネリアマリー号の船長、トニー・ララは漁場を変更する。彼の判断は吉と出るか凶と出るか?シーブルック号ではまたしてもケガ人が。凍ったクレーンから落ちてきた氷の塊が直撃したのだ。コディアク号ではインフルエンザが蔓延。乗組員たちは注意散漫になり、クレーンにつるされたカゴのコントロールを失い、危険な事態に。ウィザード号では荷降ろし終了後、甲板員リンが仕事ぶりについて船長から叱責を受ける。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 7 (Intl. Version)

Episode 11  Sub

一攫千金を狙いカニ漁に挑む、命知らずの男たちの人気シリーズ、シーズン7/乗組員たちのケガが絶えない中、それぞれの方法で事態を好転させる。ウィザード号ではフレディ・モーガタイの儀式のおかげで調子がいい。魚の血を飲むという儀式だ。ノースウエスタン号では甲板員ニック・マバーが鼻を折るという大ケガをする。タイムバンディット号は港に入る前に錨を壊してしまう。結局、荷降ろしの時間まで8時間も走り続けることに・・・。荷降ろしの間、エディ・ウェクラニ・ジュニアは歯医者で治療を受ける。ランブリン・ローズ号ではエリオット・ニースがある賭けに出ていた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 7 (Intl. Version)

Episode 10  Sub

一攫千金を狙いカニ漁に挑む、命知らずの男たちの人気シリーズ、シーズン7/巨大な嵐に翻弄される乗組員たち・・・船上はサバイバルゲームと化す。ウィザード号ではケガをした甲板員のために、キースが船長から医者に変身する。タイムバンディット号では巨大な波に襲われ、新人が大ケガを負う。他の漁船同様、シーブルック号も寒さによってすべてが氷におおわれ緊急事態に。やむを得ず、漁場から離れた場所にカゴを落とす。ノースウエスタン号は船を降りたエドガーの代わりをジェイク・アンダーソンが引き受ける。コーネリアマリー号のタラバガニシーズンは散々だったが、ズワイガニシーズンはどうなるのか?

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 7 (Intl. Version)

Episode 9  Sub

一攫千金を狙いカニ漁に挑む、命知らずの男たちの人気シリーズ、シーズン7/漁船は様々な変化を経て、ズワイガニシーズンをスタートさせる。ノースウエスタン号は初めてエドガー抜きで漁に出る。コーネリアマリー号では新しい船長が船の運命を変えようと意気込んでいた。そして漁の前にジョシュに伝える。“ジェイクにドラッグテストを受けさろ”と。みんなに愛されていた甲板員フレディ・モーガタイはコーネリアマリー号を降り、ウィザード号へ。その頃タイムバンディット号ではベテランのエディ・ウェクラニの息子を新人として迎える。そして以前イタズラをしたノースウエスタン号からの復讐が・・・。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 7 (Intl. Version)

Episode 8  Sub

一攫千金を狙いカニ漁に挑む、命知らずの男たちの人気シリーズ、シーズン7/タラバガニシーズンのフィナーレを迎える一行を嵐が襲う。ランブリン・ローズ号では乗組員たちが新人船長に過酷な労働を強いられて暴動寸前。一方タイムバンディット号では大々的なイタズラが計画されていた。ターゲットはノースウエスタン号の船長、シグだ。その後、シグは乗組員のエドガーにノースウエスタン号の運命をも変えてしまうような重大な決意を打ち明けられる。ウィザード号では荒波によって大損失を出してしまう。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 7 (Intl. Version)

Episode 7  Sub

一攫千金を狙いカニ漁に挑む、命知らずの男たちの人気シリーズ、シーズン7/タラバガニシーズンも残り2週間・・・一攫千金を目指して奮闘中。ランブリン・ローズ号では乗組員がケガをし、新人船長は心を入れ替える。そしてノースウエスタン号では大ゲンカしていたエドガーとジェイクが仲直りをする。あとは船長のシグ・ハンセンがいい漁場を探すだけだ。コディアク号では1人が仕事に復帰し、1人がケガでダウン。今後のキャリアを左右するほどの大ケガだ。一方、コーネリアマリー号が港に着くとなんと警察が待ち構えていた。船で違法行為があったと言うのだ。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 7 (Intl. Version)

Episode 6  Sub

一攫千金を狙いカニ漁に挑む、命知らずの男たちの人気シリーズ、シーズン7/タラバガニシーズンも後半戦に突入するが、漁船の上では問題だらけ。ウィザード号の甲板員リンがとんでもない過ちを犯す。舵の見張り中に居眠りしてしまったのだ。コディアク号でも、乗組員のケガや甲板長のヒステリーで不穏な空気が漂っている。コーネリアマリー号では相変わらずの水揚げ不調。乗組員は新しい船長デリック・レイに立ち向かう。そしてシーブルック号では1週間が経っても新人の士気は上がらず、他の乗組員たちはあきれるしかなかった。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 7 (Intl. Version)

Episode 5  Sub

一攫千金を狙いカニ漁に挑む、命知らずの男たちの人気シリーズ、シーズン7/水揚げ不調、船のトラブル、新人の不出来・・・頭をかかえる男たち。ノースウエスタン号では停電が起き、港のすぐ手前で船のコントロールを失い、危険な事態に。そして甲板長のエドガー・ハンセンと甲板員のジェイク・アンダーソンが激しいケンカを繰り広げる。ウィザード号の水揚げは不調。乗組員は不運を招いているものが船内にないか、捜査を始める。同じく不調のタイムバンディット号は、ギャンブルのように漁場を探す。シーブルック号ではスコット・キャンベル船長がカニ漁の厳しさを分かっていない新人乗組員に手を焼く。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 7 (Intl. Version)

Episode 4  Sub

一攫千金を狙いカニ漁に挑む、命知らずの男たちの人気シリーズ、シーズン7/それぞれのカニ漁船の試練の時・・・大きな苦難がのしかかる。シーブルック号ではアイダホ出身の新人乗組員がカニ漁の厳しい世界を目の当たりにし、肉体的にも精神的にもダメージを受ける。経験の浅いランブリン・ローズ号の若手船長エリオット・ニースは水揚げの予想を大幅に外し、大打撃。コーネリアマリー号ではジョシュ・ハリスが新しい船長デリック・レイと対立する。コディアク号ではカゴを海から引き揚げるクレーンが故障。乗組員たちは士気高く、自らの手で重いカゴを移動させるが、思わぬケガも・・・。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 7 (Intl. Version)

Episode 3  Sub

一攫千金を狙いカニ漁に挑む、命知らずの男たちの人気シリーズ、シーズン7/タラバガニシーズン第3週目に入り、未だ不漁に苦しむ男達…カゴを引き上げるものの、中身は空っぽだ。シーブルック号ではスコット・キャンベル船長とベテラン乗組員ボブとの摩擦が悪化し、解決の糸口が見つからない。コーネリアマリー号では操縦を練習中のジェイクが、ラッキーな穴場へと船を導くが…。アブラガニ漁に出たランブリン・ローズ号では、エリオット船長が究極の選択を迫られる。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 7 (Intl. Version)

Episode 2  Sub

一攫千金を狙いカニ漁に挑む、命知らずの男たちの人気シリーズ、シーズン7/水揚げが不調で、乗組員たちは早くもいら立ちを隠せない。ベーリング海では水揚げが不調。船員たちはいら立ち始め、モラルの低下が目立ち出す。コーネリアマリー号でもハリス兄弟と新しい船長のデリック・レイが初の水揚げをするが、その結果は…。デリックと技師のスティーブが敵対心を燃やしている頃、ノースウエスタン号では野心家のジェイク・アンダーソンが一時的に舵を取るが、暗い過去が彼を苦しめる。ラッキーな新入りの船は、シーブルック号とランブリン・ローズ号のどちらか?

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 7 (Intl. Version)

Episode 1(2hr)  Sub

一攫千金を狙いカニ漁に挑む、命知らずの男たちの人気シリーズ、シーズン7/フィル船長の死を乗り越え、乗組員たちが帰ってきた。新メンバーも登場。2010年のカニ漁シーズンがやってきた。おなじみのベテラン乗組員の他に、2人の新人船長が加わる。パワフルなシーブルック号の舵を取るのは、自信たっぷりの36歳スコット・キャンベル・ジュニア。そしてサビだらけのランブリン・ローズ号の船長は、カニ漁の経験が浅い、28歳エリオット・ニースだ。父親フィルの死を経たジョシュとジェイクのハリス兄弟は、家業を続けるために必死だ。しかし兄弟はコーネリアマリー号の新しい船長に苦戦する。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 7 (Intl. Version)

Deadliest Catch - Best Of Season 6(2hr)  Sub

大波乱のシーズン6。主なシーンのプレイバック。「ベーリング海の一攫千金」シーズン6の主なシーンを振り返る。感情が爆発して起きた家族間のトラブル、荒れた厳しい環境の中で試される忍耐、仲間の悲劇的な死、戦友との別れ…。乗組員たちの心を大きく揺るがした1年間を振り返る。大きな変化を経て、船員たちは次のシーズンも再び海へと繰り出す。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch - Best Of Season 6(2hr)

Deadliest Catch: The Phil Harris Story  Sub

これまで多くのファンに親しまれてきたフィル船長。若くしてこの世を去ってしまったフィルだが、その生涯は仕事魂と遊び心に満ち溢れていた。カニ漁に憧れ、無償でも働かせて欲しいと、初めて船に乗り込んだのが17歳のこと。「よく働き、よく遊べ」という言葉そのままの人生を送ってきた全米一人気者の漁師、フィルの姿を未公開映像と共に振り返る。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch: The Phil Harris Story

Deadliest Catch - Behind The Scenes (Season 6)  Sub

このシリーズを陰で支えてきたカメラクルーたちの姿を紹介する特別編 ―― 悪夢のような船酔いと戦う新人カメラマンの葛藤や、撮影班と船のクルーたちの間で築かれた人間関係など、通常のエピソードではお見せできない舞台裏をお届けする。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch - Behind The Scenes (Season 6)

Endless  Sub

悲しい別れもあったカニ漁のシーズンが、とうとう終わりを迎える。ノースウェスタン号では、エドガーが22年間苦しんできた痛みに限界を悟り、兄であるシグ船長と話し合っている。不漁のままシーズンを終わろうとしているコディアク号は、最後のチャンスに賭けていた。ビル船長は、過去の栄光を取り戻せるだろうか。タイムバンディット号は、結局後継者が決まらず、今後の見通しが不透明なままだ。アンディ船長とジョナサン船長は、引退することができるのだろうか。そしてコーネリアマリー号には、フィル船長に付き添っていたジョシュが戻ってきた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 6 (Intl. Version)

Valhalla  Sub

漁船がベーリング海で嵐と闘う中、フィル船長は静かに息を引き取る。海上では何も知らない船長たちが、シーズンが終わるまでに自船の貯蔵タンクをいっぱいにしようと奮闘している。ウィザード号では、集中力に欠けるリンにしびれを切らし、キース船長が怒鳴りつける。タイムバンディット号では、船酔いに苦しんでいた新人乗組員が、今度はホームシックにかかっていた。コディアク号のビル船長は、視界が悪い中、北に針路をとる。甲板では、甲板長のアダムがちょっとした事件を起こしていた。そして、各船がフィル船長の逝去を知り、追悼式が行われる。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 6 (Intl. Version)

Redemtion Day  Sub

大自然の脅威が迫るのも知らず、各船では乗組員同士の問題が発生する。タイムバンディット号では、船長の息子であるスコットが、自分が後継者としてふさわしいことを証明しようと躍起になっている。そのために乗組員同士の関係が悪化していく様子を、アンディ船長は不快な思いで見ていた。ノースウェスタン号では、甲板長を辞めることを決めたエドガーが、最年少のジェイクを教育することに。しかしこれが原因で、乗組員の間に険悪な空気が流れる。コディアク号では、ビル船長がクリントに替わる乗組員を探してもらえるよう電話をする。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 6 (Intl. Version)

Cain And Abel  Sub

ズワイガニのシーズンも半ばを迎え、一方でフィル船長の闘病は続く。海上では、毎日続く単調な仕事に船長や乗組員たちの関係に不和が生じ始めた。陸ではフィル船長が病気と闘い、2人の息子は陸と海に分かれてそれぞれの役目を果たしている。ウィザード号のキース船長は、水揚げのため迷路のような氷の間を必死で進んでいた。タイムバンディット号では、マイクと他の乗組員たちの間がぎくしゃくしていた。それを見たアンディ船長は後継者選びに迷いが生じる。ノースウェスタン号では、エドガーがついに引退を決意しようとしていた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 6 (Intl. Version)

Empty Throne  Sub

船長の下船、後継者の育成など、各船はそれぞれに問題を抱えている。フィル船長が急病で下船。同じ船に乗る2人の息子のうち、ジェイクは父親に付き添っていたが、長男のジョシュは船に残った。このままカニ漁を続けるべきか、手遅れになる前に下船して父親に付き添うべきか、ジョシュの気持ちは揺れる。タイムバンディット号では、アンディ船長が後継者を指導する光景に、他の乗組員たちが嫉妬のまなざしを向ける。コディアク号のビル船長は、陸揚げで帰港した夜に乗組員が酒場に行くことを許可するが、どうやらその判断は間違いだったようだ。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 6 (Intl. Version)

Blown Off Course  Sub

過酷な環境で仕事をする彼らの身には、いつ何が起きるが分からない。タイムバンディット号では、タラバガニ漁を終えたジョナサン船長が、下船することになった。一方コーネリアマリー号では、長い間重労働を続けてきたフィル船長が、高い代償を払うことになる。そしてノースウェスタン号では、家に電話をしたジェイクが心を痛めていた。行方不明になっている父親に関する話を聞き、不安が増したのだ。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 6 (Intl. Version)

Darkened Seas, The  Sub

順調に水揚げする船がある一方で、急病人など、予想外のトラブルも発生。病人の救助に向かった沿岸警備隊だが、荒れ狂う海を前に、救助活動は一向に進展をみない。病人がいる船に乗り移りたくとも、海を渡っていくのはあまりにも危険なのだ。タイムバンディット号では、大量の水揚げとなった。しかしその後、甲板に氷の固まりが降り注ぎ、船は惨状と化す。一方コーネリアマリー号でも、記録的な大漁となっていた。上機嫌のフィル船長だが、それも長くは続かなかった。彼の息子のある秘密が、明らかになったのだ。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 6 (Intl. Version)

Glory Days  Sub

条件は皆同じ。大量の水揚げを目指すなら、時には賭けに出ることもある。コーネリアマリー号は、ベーリング海では有数の難所といわれる漁場に来ている。フィル船長は、過去に経験した豊漁を再現しようと慎重にカゴを下ろしていく。タイムバンディット号は、嵐の中で危機的状況にあった。凍りついたカゴを一刻も早く下ろさなければ、船が沈没するかもしれない。また、沿岸警備隊は、心臓発作を起こした者がいると通報を受けた。しかし、強風が吹き荒れ視界が利かない海では、隊員が泳いで他船に移るのは危険が伴うため、救助は難航する。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 6 (Intl. Version)

We're Not In Kansas Anymore...  Sub

極寒の海で凍りつく船の上で、乗組員たちはあらゆる敵と闘っている。ノースウェスタン号では、船体から氷を取り除く作業で乗組員は疲れ、ケガ人も出ていたが、シグ船長は漁場へ向けて猛スピードで船を走らせていた。コーネリアマリー号では、氷山のようにカゴを覆ってしまった氷を相手に、乗組員たちが奮闘している。その頃操舵室では、フィル船長が背中の激痛に襲われていた。タイムバンディット号では新人乗組員が船酔いに悩んでいるが、先輩乗組員たちは知らん顔を決め込む。そしてウィザード号でも、新人乗組員が仕事の厳しさを痛感していた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 6 (Intl. Version)

When Hell Freezes Over  Sub

ズワイガニ漁の開始直後、コーネリアマリー号はトラブルに見舞われる。ついに開始されたズワイガニ漁だが、コーネリアマリー号は開始早々、岩礁に乗り上げてしまう。修理にかなりの時間を要すことが分かり、フィル船長は落胆する。一方ノースウェスタン号では、エドガーの誕生日パーティーが開かれる。タイムバンディット号ではアンディ船長が精力的に作業を進める傍らで、新人乗組員がひどい船酔いに苦しんでいる。そんな1日の終わる頃には、ほとんどの船が厚い氷に覆われ、乗組員たちは転覆を避けるために氷と格闘することになる。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 6 (Intl. Version)

False Pass  Sub

タイムバンディット号は最後の陸揚げのために、嵐の中を帰港する。陸揚げ地であるキングコーヴを目指すタイムバンディット号。ジョナサン船長は、他の船長たちの警告を無視して嵐の中を航海してきたが、途中のフォルスパスで6メートルの高波にあい、積み荷もろとも沈没してしまう危険にさらされる。一方、600キロ離れた海では、シグ船長が伝説のカニを探していた。コーネリアマリー号は、貯蔵タンクの循環ポンプが故障し、獲ったタラバガニの保存に問題が発生する。ウィザード号では新人乗組員が、最後まで役目を果たそうと最後の力を振り絞る。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 6 (Intl. Version)

Arctic Quest  Sub

伝説の青いタラバガニを追って、ノースウェスタン号が凍てつく海を疾走する。陸揚げのため港を目指すタイムバンディット号は、嵐で荒れ狂う海に行く手を阻まれている。一方ノースウェスタン号の船長は、伝説のカニを追ってひたすら北上を続けている。しかし激しい嵐の中で、緊急の場合に沿岸警備隊の救助を期待できないような場所へ向かう船長に、甲板員たちは疑問を投げかける。そしてコーネリアマリー号では、甲板員のジェイク・ハリスが、船長に対して異議を唱えていた。しかし父親である船長は、怒りをあらわにしてジェイクの意見を拒絶する。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 6 (Intl. Version)

Bearing Sea Swim Club  Sub

タラバガニ漁も4週目、各船長はそれぞれに問題を抱え、苦闘している。シグ船長とフィル船長は、交換していた乗組員をそれぞれ海上で引き渡すことに同意した。しかし、2人を乗せたボートが荒波にもまれて転覆してしまい、引き渡しは見送られることに。その光景を見ていたノースウェスタン号の乗組員たちの脳裏には、つらい記憶がよみがえっていた。ウィザード号のキース船長は、船内の確執を収めようと躍起になっている。一方、タイムバンディット号は沈没の危機にあり、乗組員たちの必死の作業が続く。そしてコディアク号は、不漁に悩まされていた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 6 (Intl. Version)

Sea Tested  Sub

タラバガニ漁も3週目、他の船で経験を積む若手乗組員はどうなったのか?フィル船長とシグ船長は、実験的に若い乗組員を交換して乗船させていた。ジェイク・ハリスとジェイク・アンダーソンだ。慣れない船で重労働を課せられてきた2人だが、それも間もなく終わる。新しい環境に身を置くことで成長を遂げたジェイク・アンダーソンに対し、ジェイク・ハリスは父親が待つコーネリアマリー号に戻りたくて仕方がない。コディアク号では、新船長のカニ漁の腕前が試されている。そしてウィザード号では、ベテラン船長が実の弟と乗組員たちに悩まされていた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 6 (Intl. Version)

Breaking Em' In  Sub

タラバガニ漁は2週目に入り、海上には嵐の気配が不気味に迫っている。他の船で経験を積むため、慣れない船に乗ったジェイク・ハリスとジェイク・アンダーソンは、漁船の乗組員としての技量を証明すべく奮闘している。タイムバンディット号のジョナサン船長は、いつも豊漁をもたらしてくれるポイントに、今年も祈るような気持ちでやってきた。ウィザード号では、新人乗組員があまりの重労働に早くも音を上げる。ノースウェスタン号ではシグ船長が、弟でもある甲板長の反抗的な態度に腹立ちが収まらない。そしてコディアク号では、不漁に苛立つ船長の怒りが、甲板員に向けられた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 6 (Intl. Version)

Slow Burn  Sub

いよいよタラバガニ漁のシーズンが始まり、いやが上にも緊張感が高まる。コーネリアマリー号では、ジョシュとジェイクの間に家族間の問題が発生し、仕事に影響が出ている。一方、他の船に甲板員を引き抜かれそうになったタイムバンディット号には不穏な空気が漂う。今シーズンから参入するコディアク号の船長は、5年間のブランクの後、この仕事に戻ってきた。シーズン開始を前に、年に1度の会合に船長たちが集結。それぞれの思いが交錯する。これから彼らが挑もうとしているのは、極寒のベーリング海、そして、計り知れない自然の脅威だ。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 6 (Intl. Version)

King Crab  Sub

極寒のベーリング海での値千金のカニ漁、それは命知らずな男たちの壮絶な戦い/今回はシーズン5で放映された忘れられないベストシーンを振り返る(前編)。2008年のタラバガニ漁がいよいよスタートした。船長や甲板員たちは大漁を目指し、身も心も犠牲にして働く。そんな中、ノースウエスタン号では経験の浅い甲板員が、航海のストレスからか反抗的な態度に出た。タイムバンディット号では甲板員たちが保身を図り、その結果、これまでの争いが沈静化することに。そして船団を団結させる、ある出来事が起きる。激しい嵐に見舞われ、4人の男たちが犠牲となったのだった…。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch - Best Of Season 5 (2x60)

Opilio Crab  Sub

極寒のベーリング海での値千金のカニ漁、それは命知らずな男たちの壮絶な戦い/今回はシーズン5で放映された忘れられないベストシーンを振り返る(後編)。2009年のズワイガニ漁は、開始早々、悪天候に見舞われた。しかしある漁船は出航を決意。その結果、乗船していた甲板員が、荒れる大波に立ち向かい負傷してしまう…。そして、ノースウエスタン号の甲板員には故郷からある悲報が届く。コーネリアマリー号では、1人の甲板員が父親に認められようと懸命に働く姿が見られた。また、激しい嵐に巻き込まれ、船体にダメージを受けたり横転したりする漁船も現れる。果たして船員たちの運命はいかに!?

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch - Best Of Season 5 (2x60)

Deadliest Catch: Roughest And Toughest Moments  Sub

極寒のベーリング海での値千金のカニ漁、それは命知らずな男たちの壮絶な戦い/今回はシーズン1~5の選りすぐりのベストシーンを集めたスペシャル版だ。番組では過酷な環境で闘う漁師たちを5年以上にわたり追ってきた。これまでの70以上ものエピソードの中から、選りすぐりのベストシーンを集めて紹介する。荒れ狂う海、氷を割って進むボート、大漁のカニかご、殴り合いのケンカ、命がけの救助、己を犠牲とするヒロイズム…。アラスカのカニ漁師たちの生死をかけた「一攫千金」の、最も過酷で最もタフなドラマをお届けする。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch: Roughest And Toughest Moments

Episode 16  Sub

極寒のベーリング海での値千金のカニ漁、それは命知らずな男たちの壮絶な戦い/2009年のズワイガニ漁も残りあと24時間。漁場からSOSが発信された。漁船から海に落ちた4人の命を救うため、沿岸警備隊が全力で現場に駆けつけ、必死の救助作業を敢行。船団は荒れ狂う海に翻弄され、ウィザード号は甲板員が高波にさらわれる寸前。ノースウエスタン号は岩礁に向かって流され、コーネリアマリー号も荒波に翻弄されていた。彼らは生きて有終の美を飾れるのか。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 5 (Intl. Version)

Episode 15  Sub

極寒のベーリング海での値千金のカニ漁、それは命知らずな男たちの壮絶な戦い/そろそろ終盤のズワイガニ漁だが、天候は嵐となりますます厳しくなった。カニ漁船が一刻も早く帰港するためには、船倉をカニでいっぱいにしなくてはならず、各船は必死の操業を続ける。氷点下で漁を行うノースウエスタン号に迫るのは、船体を覆う危険な着氷だ。ウィザード号のクルーたちは、ベーリング海と危険ないたちごっこに興じていた。そして、タイムバンディット号が帰港する。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 5 (Intl. Version)

Episode 14  Sub

極寒のベーリング海での値千金のカニ漁、それは命知らずな男たちの壮絶な戦い/ズワイガニ漁が始まって数週間…漁師たちは疲れ、家に帰りたがっていた。過酷な労働に耐えられないウィザード号の新人は、家からは帰ってこいという連絡が届いた。ノースウエスタン号に乗り組むジェイクには、家族の訃報がもたらされる。しかし、男たちと家族の間には無情のベーリング海があり、帰るのを許さなかった。そして、コーネリアマリー号は痛恨のミスを犯していた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 5 (Intl. Version)

Episode 13  Sub

極寒のベーリング海での値千金のカニ漁、それは命知らずな男たちの壮絶な戦い/迫り来る流氷を伺いながら、船団は限界ギリギリのところで漁を続けていた。ウィザード号のキース船長とコーネリアマリー号のフィル船長が、互いの漁場権利を主張してぶつかり合う。価値の低いフジツボ付きの価値が低いカニばかりで、うんざりしていたのは、インセンティブ号のハリー船長。38時間の連続操業で、身も心も疲れ果てていたのは、ノースウエスタン号のシグ船長とクルーたちだった。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 5 (Intl. Version)

Episode 12  Sub

極寒のベーリング海での値千金のカニ漁、それは命知らずな男たちの壮絶な戦い/氷点下の海で凍り付く、カニ、漁具、港…船長たちは氷の地獄で戦っていた。海面に浮かぶ気泡の下にカニがいるというセオリーに賭けたのは、コーネリアマリー号のフィル船長。港に入ろうにも凍った海面に阻まれたのは、タイムバンディット号のアンディ船長。カニ漁を続けるか辞めるかを新人に問う、ウィザード号のキース船長…。ますます荒れる海では、流氷が船団に接近していた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 5 (Intl. Version)

Episode 11  Sub

極寒のベーリング海での値千金のカニ漁、それは命知らずな男たちの壮絶な戦い/巨大な流氷群が南下していたベーリング海、重大な選択に迫られる。船長たちは流氷迫る危険な北の海で操業するか、比較的安全な南の海で操業するかを迫られていた。大量に恵まれた船長たちは、カニの陸揚げするためにセント・ポール港へ急いでいた。しかしその直前、ショッキングな事実が…港は氷で覆われており入港できないのだ。このままではカニが死んでしまう…。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 5 (Intl. Version)

Episode 10  Sub

極寒のベーリング海での値千金のカニ漁、それは命知らずな男たちの壮絶な戦い/3週目に入ったズワイガニ漁では、非人間的な長時間労働が続いていた。ノースウエスタン号では甲板員が疲れ果てていた。ウィザード号のキース船長と漁師たちは、怪物のような波のダメージからの回復に大変な思いをしていた。無慈悲で危険な海が船団を取り巻き、危険な流氷が迫っていた。タラバガニ漁のシーズンは、まだ半分も終わっていない。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 5 (Intl. Version)

Episode 9  Sub

極寒のベーリング海での値千金のカニ漁、それは命知らずな男たちの壮絶な戦い/漁場に到着した船団は、北の危険な海の氷と高波に苦戦していた。タイムバンディット号はいつもの漁場でカニが獲れず、流氷よりも北を目指した。ノースウエスタン号は大当たりを出したが、大荒れの海に翻弄される。コーネリアマリー号では乗組員たちがケンカに。番組初登場のインセンティブ号の内部でも、不穏な空気が流れていた。波乱のシーズンは始まったばかり。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 5 (Intl. Version)

Episode 8  Sub

極寒のベーリング海での値千金のカニ漁、それは命知らずな男たちの壮絶な戦い/年が明けて、今度はズワイガニ漁のために漁船団が出港していく。船長たちは迫り来る流氷に神経を使い、高波を越えながら漁場へと急いだ。フィル船長が息子たちと共に船を立て直し、タイムバンディット号はノースウエスタン号に、ちょっとしたお返しをすることに。そして、荒れ狂うベーリング海はウィザード号を生け贄にしようとしていた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 5 (Intl. Version)

Episode 7  Sub

極寒のベーリング海での値千金のカニ漁、それは命知らずな男たちの壮絶な戦い/いよいよタラバガニ漁が終了する期限が迫り、どの船もラストスパートの体制に。船長たちはそれぞれの漁獲割当量に達しようとラストスパート必死だった。ノースウエスタン号のシグ船長は刻限ぎりぎりまで粘り、コーネリアマリー号のマレー船長代理は、不満の貯まったクルーを抑えようと努力していた。タイムバンディット号は早々に漁を終えており、各船の今シーズンの明暗が明らかになっていた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 5 (Intl. Version)

Episode 6  Sub

極寒のベーリング海での値千金のカニ漁、それは命知らずな男たちの壮絶な戦い/クルーたちは北極圏の嵐と戦う中、新しい陸揚げの期限が伝えられた。船長たちはシーズンの終わりに向けて張り切った。タイムバンディット号とノースウエスタン号は嵐を乗り切り、コーネリアマリー号では船長代理のマレーが大任をこなしていた。ノースウエスタン号の新人ジェイクは先輩のエドガーに食ってかかり、リサマリー号は不漁に泣いていた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 5 (Intl. Version)

Episode 5  Sub

極寒のベーリング海での値千金のカニ漁、それは命知らずな男たちの壮絶な戦い/仕掛けたカゴが空っぽで、船倉がいつまでたっても埋まらない…どうしたものかと、船長たちは頭を抱えてしまう。コーネリアマリー号とリサマリー号では、乗組員たちが口論になっていた。ウィザード号は不漁で、その後ろには長年の敵、ノースウエスタン号のシグ船長が迫っていた。タイムバンディットでは不慮の出来事が船にダメージを与えていた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 5 (Intl. Version)

Episode 4  Sub

極寒のベーリング海での値千金のカニ漁、それは命知らずな男たちの壮絶な戦い/タラバガニ漁が始まって4週目。新人たちが限界にきていた。7名の命が海に奪われても漁は続いていた。ウィザード号の新人は甲板長にしごかれ、ノースウエスタン号ではジェイクが油圧機械の操作に、人命がかかっていることを知る。そして、船団の中で最も小型の漁船、リサマリー号のクルーたちも、自分たちが何者であるのかを証明するために奮闘していた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 5 (Intl. Version)

Episode 3  Sub

極寒のベーリング海での値千金のカニ漁、それは命知らずな男たちの壮絶な戦い/沈没した船の悲報が届き、船団は暗い雰囲気に包まれた。しかし天気が回復すると、ただちに漁を再開。あれこれ思い悩んでいる時間はもう残っていない。甲板員たちは大急ぎでカニを捕獲するカゴを海に仕掛け、今度は引き上げてカニを船倉に放り込む。生きて帰るためには、目の前の作業にひたすら集中するしかない。作業は不眠不休で続いたのだった。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 5 (Intl. Version)

Episode 2  Sub

極寒のベーリング海での値千金のカニ漁、それは命知らずな男たちの壮絶な戦い/タラバガニ漁が始まって2週目、漁獲高が上がらず、漁師らはかなり焦っていた。その上漁場に嵐がやってこようとしていた。そんな中、タイムバンディット号は船長一家に代々伝わる穴場で大当たりを出す一方、コーネリアマリー号は空振り三振。やがて高波と強風が襲いかかり、11人が乗り組む漁船からSOSが発せられた…沿岸警備隊のヘリが出動する。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 5 (Intl. Version)

Episode 1  Sub

極寒のベーリング海での値千金のカニ漁、それは命知らずな男たちの壮絶な戦い/2008年のタラバガニ漁は出航前から不穏な空気だった。キャプテンたちも老いには勝てず、ウィザード号のキース船長とコーネリアマリー号のフィル船長は、健康上の問題を抱えていた。二人に明暗を分ける電話が入る。船団が出港しても、漁船の修理に多額の費用を使っていたために、経済的にも苦しい状況だった。すべてを解決するには、割り当てられた量のカニを短時間で獲るしかない。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 5 (Intl. Version)

Deadliest Catch : Best Of Season 4  Sub

カニ漁を追ったベーリング海の一攫千金シーズン4のダイジェスト…ハリケーンの影響による強風と高波に苦しめられた船団、ウィザード号の新人モイの過酷な初航海。甲板員としてのポジションを奪い合った、ノースウェスタン号の2人。船長が病で倒れてしまったコーネリアマリー号。残された家族のため、極限の海で奮闘する男たちの運命とは。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch : Best Of Season 4

Deadliest Catch : Best Of Season 3  Sub

ベーリング海の一攫千金シーズン3のダイジェスト…荒れ狂う海と極寒の天候をものともせず、カニを求めて出航していくユニークな船長たちと個性豊かな漁師たち。彼らは巨額の富を求め、不眠不休のつらくハードな労働に耐えるのだった…。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch : Best Of Season 3

Deadliest Catch Special- Behind The Scenes (Season 4)  Sub

カニ漁船に同乗し、限界ギリギリの映像を届けてくれる番組の取材クルーたち。彼らは大量の撮影・録音機材をアラスカ州ダッチハーバーに持ち込み、8隻の漁船に分乗して出航する。出航する前に沿岸警備隊から遭難時の訓練を受けてはいるが、今年のベーリング海は特にひどい天候となった。過酷な状況で試される、人間の意志と放送テクノロジー。そうして撮影された究極の映像が、このシリーズを最高のドキュメンタリーにしているのだ。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Special- Behind The Scenes (Season 4)

Episode 16  Sub

ベーリング海における2008年のズワイガニ漁シーズンは、もうすぐ終わりを迎える。各船は最後の瞬間まで漁をあきらめない。マレーが船長代理を務めるコーネリアマリー号では、クルーたちと意見の相違が表面化していた。ウィザード号はすべての船倉を満タンにすることができず、不本意な漁獲量はキース船長の責任問題になるかもしれなかった。そして、非情にも各船へ無線で伝えられたのは、無事に帰港できない船があるということだった。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 4 (Intl. Version)

Episode 15  Sub

漁師たちの恐れる流氷群がズワイガニの漁場に押し寄せ、各船はシーズンの終了を前にラストスパートをかけていた。ノースウェスタン号とウィザード号は、寒さで船体が凍り付き氷の除去という重労働に追われていた。コーネリアマリー号ではマレーが臨時に指揮を執る。しかし、過酷な寒さの中で働く部下からその指導力に疑問符が。そしてタイムバンディット号のアンディ船長は、72時間以内に45トン以上の水揚げという目標を定めた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 4 (Intl. Version)

Episode 14  Sub

ノースウェスタン号が2度目の陸揚げのために帰港するが、海は流氷に覆われドックからの出航さえも危険なものになりつつあった。新人を乗せて海に出たウィザード号では、指揮を執るコルバーン兄弟が操舵室でいがみ合う。病で緊急入院したコーネリアマリー号のフィル船長は、しばらく漁に出られずこのまま引退という選択肢も提示されていた。タイムバンディット号は船倉をいっぱいにして帰港するが、実につらい選択を迫られることに。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 4 (Intl. Version)

Fresh Blood  Sub

フィル船長が入院したコーネリアマリー号では、船長代行を決めて新人を雇い入れ再び出航した。しかし、針路をあやまり危うく甲板員全員が高波にさらわれそうになる。ノースウエスタン号は錨を失い、乗員たちは海底からそれを引き揚げようと不安定な船上で奮闘していた。ウィザード号は港に戻り、問題の新人をクビにしてから別の新人を雇う…しかし、彼にはカナヅチの疑いが。そしてノースアメリカン号がブリザードの中を帰港した。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 4 (Intl. Version)

Mortal Men  Sub

夜明け前に船団を襲った高波は、アーリードーンやノースアメリカン号らの甲板をめちゃめちゃにし、彼らはその後始末に追われていた。コーネリアマリー号のフィル船長は肋骨を痛めたが、呼吸が苦しくても船長席に座り続けた。ついには血を吐き治療が必要なことは明らかだったが、彼は頑として下船に応じない。なんとか船を帰港させて、フィル船長は病院に担ぎ込まれた。しかし肺へのダメージは深刻で、大都市の病院へ緊急搬送される。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 4 (Intl. Version)

Big Weather, Big Trouble  Sub

ズワイガニ漁シーズンが始まって5日目。船長たちはハリケーン並の嵐に直面していた。コーネリアマリー号は修理を終えて最初のカゴを海に投下し、ノースウェスタン号のクルーたちは24時間操業を行っている。タイムバンディット号ではジョナサン船長自ら甲板での作業を行い、アーリードーン号とノースアメリカン号では新人教育が行われていた。ウィザード号のクルーはカゴを投下中に高波にさらわれそうになり、間一髪の事態となる。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 4 (Intl. Version)

Blow Up  Sub

沿岸警備隊による救助は天候との戦いでもあった。修理を終えたばかりのコーネリアマリー号はエンジン1機がダウンし、錨まで失いそうになりダッチハーバーへの帰港を余儀なくされる。長時間作業が続くノースウエスタン号ではミスが頻発。ウィザード号のキース船長は怠ける船員に怒り心頭で、危うい立場にある新人のモイは無謀にも船長に挑戦するのだった。激しく危険な嵐から逃れたタイムバンディット号は、穴場の漁場へと向かう。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 4 (Intl. Version)

Storm Season  Sub

タラバに続きズワイガニ漁シーズンとなったベーリング海で、最も危険な数ヶ月が始まった。8200万ドルにもなる獲物をとるために、漁船団は極寒で荒れる海へと出航していく。しかし、ウィザード号は2つの嵐に見舞われ、コーネリアマリー号は修理を終えてから初めての出航だったが、まだ解決すべき点が残っていた。タイムバンディット号では、2人の船員が危うく命を落とすところだった。そして、沿岸警備隊に病人の搬送要請が入る。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 4 (Intl. Version)

No Season For Old Men  Sub

アラスカはベーリング海のタラバカニ漁史上、最もつらく大変なシーズンがあと少しで終わる。しかし…コーネリアマリー号は夜間にエンジン出力が下がり、荒れる海に翻弄されていた。甲板上でアクシデントの起きたノースウエスタン号の作業速度は大幅にダウン。アーリードーン号では、船員間のもめ事がおさまっていなかった。そしてウィザード号とタイムバンディット号の2隻は、どちらが漁獲量で勝つかの決着を付けようとしていた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 4 (Intl. Version)

Seeking The Catch  Sub

タラバガニ漁のシーズン終了が近づくにつれ、まだ空のカゴをたくさん抱える船では、1杯でも多くのカニをゲットしようと、船員たちの奮闘が続いていた。ウィザード号がクラゲの足に悩まされている一方で、タイムバンディット号は状況が少しでも好転するようにと、ゲンかつぎのまじないをかける。ノースアメリカン号は、今まで無駄にした時間を取り戻そうと懸命で、コーネリアマリー号は船長不在の事態をなんとか乗り切ろうとする。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 4 (Intl. Version)

Racing The Clock  Sub

タラバガニのシーズン終了まで数週間…。ノースウエスタン号は期限までに水揚げしなければ、数万ドルもの損失を出す羽目になりそうだった。タイムバンディット号では豊漁となったが、甲板員がケガをしたり船の動力を失いぼや騒ぎまで起こる始末。アーリードーン号のリック船長が、息子と新人甲板員の争いから生じる不協和音に悩む一方、ウィザード号は記録的な水揚げ量を記録した。各船の明暗が分かれる中タイムリミットが迫る。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 4 (Intl. Version)

No Mercy  Sub

5週目に入ったカニ漁だが、ひどい天候と極寒の中で船団は苦戦を続けていた。ウィザード号ではひとりのクルーがとった態度により、全員の士気が急降下。電気系統の故障に見舞われたタイムバンディット号は、貴重な時間をロスしていた。反抗的な新人を抱えたノースウエスタン号。コーネリアマリー号のフィル船長は体調の悪化が止まらず、一緒に乗り組む長男は心配でならなかった。そして、アーリードーン号は新人に操舵をまかせた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 4 (Intl. Version)

Unsafe And Unsound  Sub

ウィザード号に乗り組む最年長の新人が漁に疲れ、精神的体力的な限界に近づいていた。コーネリアマリー号ではカニの居所を発見できず、フィル船長の苛立ちが爆発しそうになっていた。息子のジョシュが事態を打開しようと、おまじないをする。ノースウエスタン号のシグ船長と弟のエドガーは、4日間身を粉にして働き2人の不眠競争が続く。そしてタイムバンディット号の船長の息子、スコッティはカニ漁を続けるかどうか悩んでいた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 4 (Intl. Version)

Numbers Game, A  Sub

大当たりを出したのはタイムバンディット号。その一方で、ウィザード号は機械故障によりペースダウンを余儀なくされていた。ノースウェスタン号も好漁となったが、新人の獲ったカニの数え方に不安を覚えるシグ船長だった。さらに機械故障が起こり、エドガーが危険な修理を試みる。コーネリアマリー号は不漁で、ストレスのたまったフィル船長の健康状態が悪化。アーリードーン号は獲物を変更し、最初のカゴを荒れた海に投下する。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 4 (Intl. Version)

Striking Out  Sub

出航した漁船の乗組員たちは、嵐の海で奮闘中。ウィザード号では新人2人のうちひとりが、48時間しか経っていないのに音を上げ始めた。ノースウェスタン号は高波に翻弄され、最初に引き揚げたカゴはクラゲの方が多いという結果。タイムバンディット号のクルーは、コーネリアマリー号にいたずらをしかけていた。コーネリアマリー号は、いつもより早く漁を開始したが成果は空振り。そして、アーリードーン号は新たな獲物を捜していた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 4 (Intl. Version)

Get 'em Back Safe!  Sub

「どうか無事に帰ってきて!」カニ漁の船団が現代のゴールドラッシュよろしく、タラバガニの群れを追って出航する。ウィザード号は荒れた海で船体を損傷し、ダッチハーバーへ着くことも危ぶまれていた。ノースウェスタン号では新しいシンボルがお披露目され、タイムバンディット号にはジョナサンの息子スコットが乗り組んだ。そしてウィザード号では2人の新人が漁について教わり、ノースウエスタン号は出航前の修理に追われていた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 4 (Intl. Version)

Deadliest Catch Special - Best Of Season 2  Sub

この10年で最悪の気象条件となった極寒のベーリング海で、体力と知力の限りを尽くしてカニ漁に挑む漁師に密着した「ベーリング海の一攫千金シーズン2」のダイジェスト。今回の総集編では、彼らの奮闘をまとめた。雪と氷の嵐と戦いながら、カニを探し求めて氷点下の海で漁を続ける男たち。船のトラブル、押し寄せる高波と流氷、限界に達した疲労と挫折…。大漁を目ざし、一攫千金を夢見る個性的な5人の船長に率いられた、漁師たちの物語が甦る。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Special - Best Of Season 2

Deadliest Catch Special - Best Of Season I  Sub

死と隣り合わせの危険、凍てつく暴風雨の海での冒険…。「ベーリング海の一攫千金」の新シーズンのスタート前にシーズン1のダイジェスト版でおさらい。これを見れば、シリーズ1が2時間で楽しめる。アラスカのダッチハーバーを出発した、ノースウエスタン号、コーネリアマリー号、マーベリック号の、極寒の海で乗員の命を預かり、大漁なら900万ドルにのぼるカニの水揚げを狙う船長たちの、世界一危険な仕事と漁場をお見せする。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Special - Best Of Season I

Final Run, The  Sub

極寒のベーリング海でカニ漁に挑む男たちを追った…ズワイガニ漁の解禁期間終了まで24時間を切り、各船の船長とクルーたちは疲弊した体に鞭を打って猛チャージをかける。いつもの漁獲に及ばない船はなんとか平均値まで穫りたいと願い、獲れすぎた船は過積載となって危険な状態に。そして満杯のカニを水揚げし、もう一度満杯にしようとアタックをかける船…ライバルそして時計の針との戦いが最後まで続く。一攫千金を狙った男たちのシーズンが終わろうとしていた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch

Clock's Ticking, The  Sub

極寒のベーリング海でカニ漁に挑む男たちを追った…2005年ズワイガニ漁が解禁されて84時間、漁期間短縮の噂に各船は1匹でも多くカニを獲ろうと必死に作業していた。カニ漁解禁期間が短縮されるのではないかという噂により、各船は1匹でも多くのカニを穫ろうと必死に作業していた。北側で不漁に終わったストーン船長は、最後の望みをかけて豊漁に沸く南側へ転進。ウィークス船長は終盤になってからやっと大穴を当てて、カニの入ったカゴを急ピッチで引き上げる。中には獲れすぎたカニが船倉に納まらず、甲板に積み上げる船もあった。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch

Good Fishing  Sub

極寒のベーリング海でカニ漁に挑む男たちを追った…3日目を迎えたズワイガニ漁は、季節外れの暖かい天気と静かな海に恵まれ、船団は記録的な漁獲高をあげつつあった。新米船長のリックも順調に漁をしていたが、さらに多くのカニを求めて南の海域へ進出する。しかし、またもや電気系統のトラブルが発生しあわや火事になるという事態に。クルーは漁を中止して船を守ろうと奮闘する。そんな中、大漁のためにカニ漁解禁期間が短縮されるのではないかという懸念が広がっていた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch

High Hopes  Sub

極寒のベーリング海でカニ漁に挑む男たちを追った…カニ漁が解禁されて12時間、ベーリング海はすでに6人の命を奪っていた。漁を始めていた船ではカゴの引き上げが始まり、大漁かどうかを占う最初のあがりでカニを捕らえた船とそうでない船とに分かれていた。沈没した僚船の生存者を捜すために、6時間を費やしたリック船長とクルーたちは、ロスを挽回するために他船が操業するよりもはるか南の海域で勝負に出る。天候も徐々に回復して、ベーリング海は珍しく静かだった。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch

Man Overboard  Sub

極寒のベーリング海でカニ漁に挑む男たちを追った…順調な滑り出しとは言えない2005年のアラスカ・ズワイガニ漁、救助を求めた船は沈み、乗組員は未だ行方不明だった。仲間の船は生存者を救助しようと、凍てつくベーリング海を捜索していた。事故を知りながらも他の船では距離がありすぎ、救助に参加することは不可能だった。その中で新米船長のマイルスは、自分の船とクルーたちに対する責任の重大さを認識していた。彼には船主からのプレッシャーもかかっていた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch

Dead Of Winter  Sub

極寒のベーリング海でカニ漁に挑む男たちを追った…アラスカ、ダッチ・ハーバーでズワイガニ漁のシーズンが開始、171隻の漁船がカニを求めて出港した。そのうちの1隻から煙が上がった。一攫千金のチャンスをふいにしたくないピーター船長はなんとか自力で修理を試みるが、電気系統のトラブルは手に負えない事態に。さらにもう一隻から救難信号が出され、悪天候をものともせず沿岸警備隊が出動を試みるが、ピーターの僚船を救出するには遠すぎた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch

Beat The Clock  Sub

極寒のベーリング海でカニ漁に挑む男たちを追った…タラバガニ漁の終了を告げる真夜中の刻限まで半日を切り、各船のクルーたちは少しでも多くのカニを穫ろうと必死だった。やっと網を海に入れた船は、それまでの損失分を取り返そうとフル回転で網を引き上げる。仲間と離れた海上で、のるかそるかのギャンブルに出たハンセン船長は大きな勝利をつかんだ一方、アンダーソン船長の船は十分な操業ができずに赤字必至。そして初乗船となった新人クルーたちは、シーズンをどう終えたのか。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch

Lady Luck  Sub

極寒のベーリング海でカニ漁に挑む男たちを追った…今日中にカニを見つけなければすべての努力は水泡に帰し、漁獲0という受け入れ難い事態に発展するかも…。すべての船長が大きなプレッシャーを感じていた。ハンセン船長は新しい場所での賭に出て、その結果をじりじりと待っている。ラッキーレディという船のシャベンダー船長は、カニ漁よりも新入りがケガをしたことの方が気になっていた。そしてアンダーソン船長は操業中に船の修理に追われ、乗組員からリーダーシップを疑われていた。。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch

Long Sleepless Nights  Sub

極寒のベーリング海でカニ漁に挑む男たちを追った…網をセットする眠れぬ夜が終わり、漁師たちは船長の引き上げ合図を待つだけになった。彼はそれぞれ、効率よく最大の漁獲高を実現する術を心得ているが、最初のヒットによって漁の雰囲気が決まってくるという。ついに網の引き上げが始まり、カニのかかっている網を引き上げる船と、そうでない船とが明らかになる。カニを穫ることのできなかった船は、大急ぎでカニの居場所を探して戦術の転換を図らねばならない。時間との勝負だ!

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch

Greenhorns  Sub

極寒のベーリング海でカニ漁に挑む男たちを追った…2005年のタラバガニ漁の解禁と共に、1500名の漁師が一攫千金を求めて、アラスカのダッチハーバーに集結。そこには251隻の漁船と251人の船長がいて、その数だけカニ漁を司る戦略があるのだった。挑戦に燃える19歳の大学生、42歳にして人生最大の冒険を望む男、昨年操業中に海へ転落したが生還した者…無線でのカウントダウンが始まり、夢を掴む最初の網が海へと投げ入れられた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch

もっと見る

番組内容

嵐が吹き荒れる極寒の海でカニ漁に挑む男たちの姿を追う。強風や荒波にさらされる過酷な環境で漁を行うのは、まさに命懸けだ。しかし、彼らが直面するのは自然の厳しさばかりではない。人間関係の難しさや衝突、葛藤とも闘わなければならないのだ。それらを乗り越えた若い新人乗組員は、シーズンが終わる頃には見違えるように成長しているだろう。荒れ狂う海の上で繰り広げられる筋書きのないドラマから目が離せない。

ギャラリー

  • ベーリング海の一攫千金
  • ベーリング海の一攫千金
  • ベーリング海の一攫千金
  • ベーリング海の一攫千金
  • ベーリング海の一攫千金
  • ベーリング海の一攫千金
  • ベーリング海の一攫千金
  • ベーリング海の一攫千金

おすすめ番組