Trending

Special

月面着陸の真相 

Show

分裂する小惑星 

Episode

宇宙からの破壊兵器 

Live

宇宙遊泳の罠 

Special

ナチスと月探査 

Special

北海道の味覚 

Show

比叡山延暦寺の精進料理 

Show

アストンマーティンV12ヴァンテー 

Recommended shows

番組内容

嵐が吹き荒れる極寒の海でカニ漁に挑む男たちの姿を克明に追ったシリーズのシーズン6。強風が吹き荒れ激しい波が襲うベーリング海で、彼らは自らの限界と闘う。凍てつく寒さのベーリング海でカニ漁を行う男たち。強風や荒波にさらされる過酷な環境で漁を行うのは、まさに命懸けだ。彼らは、これが天職とばかりに自然の脅威に立ち向かう。しかし、彼らが直面するのは自然の厳しさばかりではない。人間関係の難しさは、やはりここにも存在するのだ。それらを乗り越えた若い新人乗組員は、シーズンが終わる頃には見違えるように成長しているだろう。荒れ狂う海の上で繰り広げられる筋書きのないドラマが、今幕を開ける。

エピソード

エピソード名

Endless  Sub

悲しい別れもあったカニ漁のシーズンが、とうとう終わりを迎える。ノースウェスタン号では、エドガーが22年間苦しんできた痛みに限界を悟り、兄であるシグ船長と話し合っている。不漁のままシーズンを終わろうとしているコディアク号は、最後のチャンスに賭けていた。ビル船長は、過去の栄光を取り戻せるだろうか。タイムバンディット号は、結局後継者が決まらず、今後の見通しが不透明なままだ。アンディ船長とジョナサン船長は、引退することができるのだろうか。そしてコーネリアマリー号には、フィル船長に付き添っていたジョシュが戻ってきた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 6 (Intl. Version)

Valhalla  Sub

漁船がベーリング海で嵐と闘う中、フィル船長は静かに息を引き取る。海上では何も知らない船長たちが、シーズンが終わるまでに自船の貯蔵タンクをいっぱいにしようと奮闘している。ウィザード号では、集中力に欠けるリンにしびれを切らし、キース船長が怒鳴りつける。タイムバンディット号では、船酔いに苦しんでいた新人乗組員が、今度はホームシックにかかっていた。コディアク号のビル船長は、視界が悪い中、北に針路をとる。甲板では、甲板長のアダムがちょっとした事件を起こしていた。そして、各船がフィル船長の逝去を知り、追悼式が行われる。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 6 (Intl. Version)

Redemtion Day  Sub

大自然の脅威が迫るのも知らず、各船では乗組員同士の問題が発生する。タイムバンディット号では、船長の息子であるスコットが、自分が後継者としてふさわしいことを証明しようと躍起になっている。そのために乗組員同士の関係が悪化していく様子を、アンディ船長は不快な思いで見ていた。ノースウェスタン号では、甲板長を辞めることを決めたエドガーが、最年少のジェイクを教育することに。しかしこれが原因で、乗組員の間に険悪な空気が流れる。コディアク号では、ビル船長がクリントに替わる乗組員を探してもらえるよう電話をする。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 6 (Intl. Version)

Cain And Abel  Sub

ズワイガニのシーズンも半ばを迎え、一方でフィル船長の闘病は続く。海上では、毎日続く単調な仕事に船長や乗組員たちの関係に不和が生じ始めた。陸ではフィル船長が病気と闘い、2人の息子は陸と海に分かれてそれぞれの役目を果たしている。ウィザード号のキース船長は、水揚げのため迷路のような氷の間を必死で進んでいた。タイムバンディット号では、マイクと他の乗組員たちの間がぎくしゃくしていた。それを見たアンディ船長は後継者選びに迷いが生じる。ノースウェスタン号では、エドガーがついに引退を決意しようとしていた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 6 (Intl. Version)

Empty Throne  Sub

船長の下船、後継者の育成など、各船はそれぞれに問題を抱えている。フィル船長が急病で下船。同じ船に乗る2人の息子のうち、ジェイクは父親に付き添っていたが、長男のジョシュは船に残った。このままカニ漁を続けるべきか、手遅れになる前に下船して父親に付き添うべきか、ジョシュの気持ちは揺れる。タイムバンディット号では、アンディ船長が後継者を指導する光景に、他の乗組員たちが嫉妬のまなざしを向ける。コディアク号のビル船長は、陸揚げで帰港した夜に乗組員が酒場に行くことを許可するが、どうやらその判断は間違いだったようだ。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 6 (Intl. Version)

Blown Off Course  Sub

過酷な環境で仕事をする彼らの身には、いつ何が起きるが分からない。タイムバンディット号では、タラバガニ漁を終えたジョナサン船長が、下船することになった。一方コーネリアマリー号では、長い間重労働を続けてきたフィル船長が、高い代償を払うことになる。そしてノースウェスタン号では、家に電話をしたジェイクが心を痛めていた。行方不明になっている父親に関する話を聞き、不安が増したのだ。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 6 (Intl. Version)

Darkened Seas, The  Sub

順調に水揚げする船がある一方で、急病人など、予想外のトラブルも発生。病人の救助に向かった沿岸警備隊だが、荒れ狂う海を前に、救助活動は一向に進展をみない。病人がいる船に乗り移りたくとも、海を渡っていくのはあまりにも危険なのだ。タイムバンディット号では、大量の水揚げとなった。しかしその後、甲板に氷の固まりが降り注ぎ、船は惨状と化す。一方コーネリアマリー号でも、記録的な大漁となっていた。上機嫌のフィル船長だが、それも長くは続かなかった。彼の息子のある秘密が、明らかになったのだ。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 6 (Intl. Version)

Glory Days  Sub

条件は皆同じ。大量の水揚げを目指すなら、時には賭けに出ることもある。コーネリアマリー号は、ベーリング海では有数の難所といわれる漁場に来ている。フィル船長は、過去に経験した豊漁を再現しようと慎重にカゴを下ろしていく。タイムバンディット号は、嵐の中で危機的状況にあった。凍りついたカゴを一刻も早く下ろさなければ、船が沈没するかもしれない。また、沿岸警備隊は、心臓発作を起こした者がいると通報を受けた。しかし、強風が吹き荒れ視界が利かない海では、隊員が泳いで他船に移るのは危険が伴うため、救助は難航する。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 6 (Intl. Version)

We're Not In Kansas Anymore...  Sub

極寒の海で凍りつく船の上で、乗組員たちはあらゆる敵と闘っている。ノースウェスタン号では、船体から氷を取り除く作業で乗組員は疲れ、ケガ人も出ていたが、シグ船長は漁場へ向けて猛スピードで船を走らせていた。コーネリアマリー号では、氷山のようにカゴを覆ってしまった氷を相手に、乗組員たちが奮闘している。その頃操舵室では、フィル船長が背中の激痛に襲われていた。タイムバンディット号では新人乗組員が船酔いに悩んでいるが、先輩乗組員たちは知らん顔を決め込む。そしてウィザード号でも、新人乗組員が仕事の厳しさを痛感していた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 6 (Intl. Version)

When Hell Freezes Over  Sub

ズワイガニ漁の開始直後、コーネリアマリー号はトラブルに見舞われる。ついに開始されたズワイガニ漁だが、コーネリアマリー号は開始早々、岩礁に乗り上げてしまう。修理にかなりの時間を要すことが分かり、フィル船長は落胆する。一方ノースウェスタン号では、エドガーの誕生日パーティーが開かれる。タイムバンディット号ではアンディ船長が精力的に作業を進める傍らで、新人乗組員がひどい船酔いに苦しんでいる。そんな1日の終わる頃には、ほとんどの船が厚い氷に覆われ、乗組員たちは転覆を避けるために氷と格闘することになる。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 6 (Intl. Version)

False Pass  Sub

タイムバンディット号は最後の陸揚げのために、嵐の中を帰港する。陸揚げ地であるキングコーヴを目指すタイムバンディット号。ジョナサン船長は、他の船長たちの警告を無視して嵐の中を航海してきたが、途中のフォルスパスで6メートルの高波にあい、積み荷もろとも沈没してしまう危険にさらされる。一方、600キロ離れた海では、シグ船長が伝説のカニを探していた。コーネリアマリー号は、貯蔵タンクの循環ポンプが故障し、獲ったタラバガニの保存に問題が発生する。ウィザード号では新人乗組員が、最後まで役目を果たそうと最後の力を振り絞る。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 6 (Intl. Version)

Arctic Quest  Sub

伝説の青いタラバガニを追って、ノースウェスタン号が凍てつく海を疾走する。陸揚げのため港を目指すタイムバンディット号は、嵐で荒れ狂う海に行く手を阻まれている。一方ノースウェスタン号の船長は、伝説のカニを追ってひたすら北上を続けている。しかし激しい嵐の中で、緊急の場合に沿岸警備隊の救助を期待できないような場所へ向かう船長に、甲板員たちは疑問を投げかける。そしてコーネリアマリー号では、甲板員のジェイク・ハリスが、船長に対して異議を唱えていた。しかし父親である船長は、怒りをあらわにしてジェイクの意見を拒絶する。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 6 (Intl. Version)

Bearing Sea Swim Club  Sub

タラバガニ漁も4週目、各船長はそれぞれに問題を抱え、苦闘している。シグ船長とフィル船長は、交換していた乗組員をそれぞれ海上で引き渡すことに同意した。しかし、2人を乗せたボートが荒波にもまれて転覆してしまい、引き渡しは見送られることに。その光景を見ていたノースウェスタン号の乗組員たちの脳裏には、つらい記憶がよみがえっていた。ウィザード号のキース船長は、船内の確執を収めようと躍起になっている。一方、タイムバンディット号は沈没の危機にあり、乗組員たちの必死の作業が続く。そしてコディアク号は、不漁に悩まされていた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 6 (Intl. Version)

Sea Tested  Sub

タラバガニ漁も3週目、他の船で経験を積む若手乗組員はどうなったのか?フィル船長とシグ船長は、実験的に若い乗組員を交換して乗船させていた。ジェイク・ハリスとジェイク・アンダーソンだ。慣れない船で重労働を課せられてきた2人だが、それも間もなく終わる。新しい環境に身を置くことで成長を遂げたジェイク・アンダーソンに対し、ジェイク・ハリスは父親が待つコーネリアマリー号に戻りたくて仕方がない。コディアク号では、新船長のカニ漁の腕前が試されている。そしてウィザード号では、ベテラン船長が実の弟と乗組員たちに悩まされていた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 6 (Intl. Version)

Breaking Em' In  Sub

タラバガニ漁は2週目に入り、海上には嵐の気配が不気味に迫っている。他の船で経験を積むため、慣れない船に乗ったジェイク・ハリスとジェイク・アンダーソンは、漁船の乗組員としての技量を証明すべく奮闘している。タイムバンディット号のジョナサン船長は、いつも豊漁をもたらしてくれるポイントに、今年も祈るような気持ちでやってきた。ウィザード号では、新人乗組員があまりの重労働に早くも音を上げる。ノースウェスタン号ではシグ船長が、弟でもある甲板長の反抗的な態度に腹立ちが収まらない。そしてコディアク号では、不漁に苛立つ船長の怒りが、甲板員に向けられた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 6 (Intl. Version)

Slow Burn  Sub

いよいよタラバガニ漁のシーズンが始まり、いやが上にも緊張感が高まる。コーネリアマリー号では、ジョシュとジェイクの間に家族間の問題が発生し、仕事に影響が出ている。一方、他の船に甲板員を引き抜かれそうになったタイムバンディット号には不穏な空気が漂う。今シーズンから参入するコディアク号の船長は、5年間のブランクの後、この仕事に戻ってきた。シーズン開始を前に、年に1度の会合に船長たちが集結。それぞれの思いが交錯する。これから彼らが挑もうとしているのは、極寒のベーリング海、そして、計り知れない自然の脅威だ。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 6 (Intl. Version)

もっと見る

ギャラリー

おすすめ番組

x