Trending

Special

月面着陸の真相 

Show

分裂する小惑星 

Episode

宇宙からの破壊兵器 

Live

宇宙遊泳の罠 

Special

ナチスと月探査 

Special

北海道の味覚 

Show

比叡山延暦寺の精進料理 

Show

アストンマーティンV12ヴァンテー 

Recommended shows

番組内容

ついに始まった「シーズン5」…30年のベテラン、ノースウエスタン号のシグ船長は漁師の3代目。ライバルのフィルはコーネリアマリー号、ヒルスタンド兄弟はタイムバンディット号、キースはウィザード号の船長を務めている。2008年10月のベーリング海はタラバガニの季節。アラスカのダッチハーバー港を出た船団は、自然の猛威にさらされながらカニの群れを追った。そして年が明けると、今度はズワイガニを求めて極寒の海を行く。

エピソード

エピソード名

Episode 16  Sub

極寒のベーリング海での値千金のカニ漁、それは命知らずな男たちの壮絶な戦い/2009年のズワイガニ漁も残りあと24時間。漁場からSOSが発信された。漁船から海に落ちた4人の命を救うため、沿岸警備隊が全力で現場に駆けつけ、必死の救助作業を敢行。船団は荒れ狂う海に翻弄され、ウィザード号は甲板員が高波にさらわれる寸前。ノースウエスタン号は岩礁に向かって流され、コーネリアマリー号も荒波に翻弄されていた。彼らは生きて有終の美を飾れるのか。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 5 (Intl. Version)

Episode 15  Sub

極寒のベーリング海での値千金のカニ漁、それは命知らずな男たちの壮絶な戦い/そろそろ終盤のズワイガニ漁だが、天候は嵐となりますます厳しくなった。カニ漁船が一刻も早く帰港するためには、船倉をカニでいっぱいにしなくてはならず、各船は必死の操業を続ける。氷点下で漁を行うノースウエスタン号に迫るのは、船体を覆う危険な着氷だ。ウィザード号のクルーたちは、ベーリング海と危険ないたちごっこに興じていた。そして、タイムバンディット号が帰港する。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 5 (Intl. Version)

Episode 14  Sub

極寒のベーリング海での値千金のカニ漁、それは命知らずな男たちの壮絶な戦い/ズワイガニ漁が始まって数週間…漁師たちは疲れ、家に帰りたがっていた。過酷な労働に耐えられないウィザード号の新人は、家からは帰ってこいという連絡が届いた。ノースウエスタン号に乗り組むジェイクには、家族の訃報がもたらされる。しかし、男たちと家族の間には無情のベーリング海があり、帰るのを許さなかった。そして、コーネリアマリー号は痛恨のミスを犯していた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 5 (Intl. Version)

Episode 13  Sub

極寒のベーリング海での値千金のカニ漁、それは命知らずな男たちの壮絶な戦い/迫り来る流氷を伺いながら、船団は限界ギリギリのところで漁を続けていた。ウィザード号のキース船長とコーネリアマリー号のフィル船長が、互いの漁場権利を主張してぶつかり合う。価値の低いフジツボ付きの価値が低いカニばかりで、うんざりしていたのは、インセンティブ号のハリー船長。38時間の連続操業で、身も心も疲れ果てていたのは、ノースウエスタン号のシグ船長とクルーたちだった。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 5 (Intl. Version)

Episode 12  Sub

極寒のベーリング海での値千金のカニ漁、それは命知らずな男たちの壮絶な戦い/氷点下の海で凍り付く、カニ、漁具、港…船長たちは氷の地獄で戦っていた。海面に浮かぶ気泡の下にカニがいるというセオリーに賭けたのは、コーネリアマリー号のフィル船長。港に入ろうにも凍った海面に阻まれたのは、タイムバンディット号のアンディ船長。カニ漁を続けるか辞めるかを新人に問う、ウィザード号のキース船長…。ますます荒れる海では、流氷が船団に接近していた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 5 (Intl. Version)

Episode 11  Sub

極寒のベーリング海での値千金のカニ漁、それは命知らずな男たちの壮絶な戦い/巨大な流氷群が南下していたベーリング海、重大な選択に迫られる。船長たちは流氷迫る危険な北の海で操業するか、比較的安全な南の海で操業するかを迫られていた。大量に恵まれた船長たちは、カニの陸揚げするためにセント・ポール港へ急いでいた。しかしその直前、ショッキングな事実が…港は氷で覆われており入港できないのだ。このままではカニが死んでしまう…。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 5 (Intl. Version)

Episode 10  Sub

極寒のベーリング海での値千金のカニ漁、それは命知らずな男たちの壮絶な戦い/3週目に入ったズワイガニ漁では、非人間的な長時間労働が続いていた。ノースウエスタン号では甲板員が疲れ果てていた。ウィザード号のキース船長と漁師たちは、怪物のような波のダメージからの回復に大変な思いをしていた。無慈悲で危険な海が船団を取り巻き、危険な流氷が迫っていた。タラバガニ漁のシーズンは、まだ半分も終わっていない。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 5 (Intl. Version)

Episode 9  Sub

極寒のベーリング海での値千金のカニ漁、それは命知らずな男たちの壮絶な戦い/漁場に到着した船団は、北の危険な海の氷と高波に苦戦していた。タイムバンディット号はいつもの漁場でカニが獲れず、流氷よりも北を目指した。ノースウエスタン号は大当たりを出したが、大荒れの海に翻弄される。コーネリアマリー号では乗組員たちがケンカに。番組初登場のインセンティブ号の内部でも、不穏な空気が流れていた。波乱のシーズンは始まったばかり。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 5 (Intl. Version)

Episode 8  Sub

極寒のベーリング海での値千金のカニ漁、それは命知らずな男たちの壮絶な戦い/年が明けて、今度はズワイガニ漁のために漁船団が出港していく。船長たちは迫り来る流氷に神経を使い、高波を越えながら漁場へと急いだ。フィル船長が息子たちと共に船を立て直し、タイムバンディット号はノースウエスタン号に、ちょっとしたお返しをすることに。そして、荒れ狂うベーリング海はウィザード号を生け贄にしようとしていた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 5 (Intl. Version)

Episode 7  Sub

極寒のベーリング海での値千金のカニ漁、それは命知らずな男たちの壮絶な戦い/いよいよタラバガニ漁が終了する期限が迫り、どの船もラストスパートの体制に。船長たちはそれぞれの漁獲割当量に達しようとラストスパート必死だった。ノースウエスタン号のシグ船長は刻限ぎりぎりまで粘り、コーネリアマリー号のマレー船長代理は、不満の貯まったクルーを抑えようと努力していた。タイムバンディット号は早々に漁を終えており、各船の今シーズンの明暗が明らかになっていた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 5 (Intl. Version)

Episode 6  Sub

極寒のベーリング海での値千金のカニ漁、それは命知らずな男たちの壮絶な戦い/クルーたちは北極圏の嵐と戦う中、新しい陸揚げの期限が伝えられた。船長たちはシーズンの終わりに向けて張り切った。タイムバンディット号とノースウエスタン号は嵐を乗り切り、コーネリアマリー号では船長代理のマレーが大任をこなしていた。ノースウエスタン号の新人ジェイクは先輩のエドガーに食ってかかり、リサマリー号は不漁に泣いていた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 5 (Intl. Version)

Episode 5  Sub

極寒のベーリング海での値千金のカニ漁、それは命知らずな男たちの壮絶な戦い/仕掛けたカゴが空っぽで、船倉がいつまでたっても埋まらない…どうしたものかと、船長たちは頭を抱えてしまう。コーネリアマリー号とリサマリー号では、乗組員たちが口論になっていた。ウィザード号は不漁で、その後ろには長年の敵、ノースウエスタン号のシグ船長が迫っていた。タイムバンディットでは不慮の出来事が船にダメージを与えていた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 5 (Intl. Version)

Episode 4  Sub

極寒のベーリング海での値千金のカニ漁、それは命知らずな男たちの壮絶な戦い/タラバガニ漁が始まって4週目。新人たちが限界にきていた。7名の命が海に奪われても漁は続いていた。ウィザード号の新人は甲板長にしごかれ、ノースウエスタン号ではジェイクが油圧機械の操作に、人命がかかっていることを知る。そして、船団の中で最も小型の漁船、リサマリー号のクルーたちも、自分たちが何者であるのかを証明するために奮闘していた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 5 (Intl. Version)

Episode 3  Sub

極寒のベーリング海での値千金のカニ漁、それは命知らずな男たちの壮絶な戦い/沈没した船の悲報が届き、船団は暗い雰囲気に包まれた。しかし天気が回復すると、ただちに漁を再開。あれこれ思い悩んでいる時間はもう残っていない。甲板員たちは大急ぎでカニを捕獲するカゴを海に仕掛け、今度は引き上げてカニを船倉に放り込む。生きて帰るためには、目の前の作業にひたすら集中するしかない。作業は不眠不休で続いたのだった。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 5 (Intl. Version)

Episode 2  Sub

極寒のベーリング海での値千金のカニ漁、それは命知らずな男たちの壮絶な戦い/タラバガニ漁が始まって2週目、漁獲高が上がらず、漁師らはかなり焦っていた。その上漁場に嵐がやってこようとしていた。そんな中、タイムバンディット号は船長一家に代々伝わる穴場で大当たりを出す一方、コーネリアマリー号は空振り三振。やがて高波と強風が襲いかかり、11人が乗り組む漁船からSOSが発せられた…沿岸警備隊のヘリが出動する。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 5 (Intl. Version)

Episode 1  Sub

極寒のベーリング海での値千金のカニ漁、それは命知らずな男たちの壮絶な戦い/2008年のタラバガニ漁は出航前から不穏な空気だった。キャプテンたちも老いには勝てず、ウィザード号のキース船長とコーネリアマリー号のフィル船長は、健康上の問題を抱えていた。二人に明暗を分ける電話が入る。船団が出港しても、漁船の修理に多額の費用を使っていたために、経済的にも苦しい状況だった。すべてを解決するには、割り当てられた量のカニを短時間で獲るしかない。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 5 (Intl. Version)

もっと見る

ギャラリー

おすすめ番組

x