Trending

Special

月面着陸の真相 

Show

分裂する小惑星 

Episode

宇宙からの破壊兵器 

Live

宇宙遊泳の罠 

Special

ナチスと月探査 

Special

北海道の味覚 

Show

比叡山延暦寺の精進料理 

Show

アストンマーティンV12ヴァンテー 

Recommended shows

番組内容

強風が吹き荒れ、激しい波が襲う凍てつく北の海に、タフなやつらが帰ってきた。タラバガニとズワイガニを求め、死と隣り合わせの漁場に向かう漁師たちが直面する壮絶なカニ漁。その極限状況を克明に追った至高のドキュメンタリー…「ベーリング海の一攫千金」。ついに4度目のシーズンが始まる。慣れない環境で必死に作業する新人乗組員、漁船のトラブル、不漁と大漁、流氷と嵐…百戦錬磨の船長たちと乗組員たちの運命やいかに。

エピソード

エピソード名

Episode 16  Sub

ベーリング海における2008年のズワイガニ漁シーズンは、もうすぐ終わりを迎える。各船は最後の瞬間まで漁をあきらめない。マレーが船長代理を務めるコーネリアマリー号では、クルーたちと意見の相違が表面化していた。ウィザード号はすべての船倉を満タンにすることができず、不本意な漁獲量はキース船長の責任問題になるかもしれなかった。そして、非情にも各船へ無線で伝えられたのは、無事に帰港できない船があるということだった。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 4 (Intl. Version)

Episode 15  Sub

漁師たちの恐れる流氷群がズワイガニの漁場に押し寄せ、各船はシーズンの終了を前にラストスパートをかけていた。ノースウェスタン号とウィザード号は、寒さで船体が凍り付き氷の除去という重労働に追われていた。コーネリアマリー号ではマレーが臨時に指揮を執る。しかし、過酷な寒さの中で働く部下からその指導力に疑問符が。そしてタイムバンディット号のアンディ船長は、72時間以内に45トン以上の水揚げという目標を定めた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 4 (Intl. Version)

Episode 14  Sub

ノースウェスタン号が2度目の陸揚げのために帰港するが、海は流氷に覆われドックからの出航さえも危険なものになりつつあった。新人を乗せて海に出たウィザード号では、指揮を執るコルバーン兄弟が操舵室でいがみ合う。病で緊急入院したコーネリアマリー号のフィル船長は、しばらく漁に出られずこのまま引退という選択肢も提示されていた。タイムバンディット号は船倉をいっぱいにして帰港するが、実につらい選択を迫られることに。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 4 (Intl. Version)

Fresh Blood  Sub

フィル船長が入院したコーネリアマリー号では、船長代行を決めて新人を雇い入れ再び出航した。しかし、針路をあやまり危うく甲板員全員が高波にさらわれそうになる。ノースウエスタン号は錨を失い、乗員たちは海底からそれを引き揚げようと不安定な船上で奮闘していた。ウィザード号は港に戻り、問題の新人をクビにしてから別の新人を雇う…しかし、彼にはカナヅチの疑いが。そしてノースアメリカン号がブリザードの中を帰港した。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 4 (Intl. Version)

Mortal Men  Sub

夜明け前に船団を襲った高波は、アーリードーンやノースアメリカン号らの甲板をめちゃめちゃにし、彼らはその後始末に追われていた。コーネリアマリー号のフィル船長は肋骨を痛めたが、呼吸が苦しくても船長席に座り続けた。ついには血を吐き治療が必要なことは明らかだったが、彼は頑として下船に応じない。なんとか船を帰港させて、フィル船長は病院に担ぎ込まれた。しかし肺へのダメージは深刻で、大都市の病院へ緊急搬送される。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 4 (Intl. Version)

Big Weather, Big Trouble  Sub

ズワイガニ漁シーズンが始まって5日目。船長たちはハリケーン並の嵐に直面していた。コーネリアマリー号は修理を終えて最初のカゴを海に投下し、ノースウェスタン号のクルーたちは24時間操業を行っている。タイムバンディット号ではジョナサン船長自ら甲板での作業を行い、アーリードーン号とノースアメリカン号では新人教育が行われていた。ウィザード号のクルーはカゴを投下中に高波にさらわれそうになり、間一髪の事態となる。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 4 (Intl. Version)

Blow Up  Sub

沿岸警備隊による救助は天候との戦いでもあった。修理を終えたばかりのコーネリアマリー号はエンジン1機がダウンし、錨まで失いそうになりダッチハーバーへの帰港を余儀なくされる。長時間作業が続くノースウエスタン号ではミスが頻発。ウィザード号のキース船長は怠ける船員に怒り心頭で、危うい立場にある新人のモイは無謀にも船長に挑戦するのだった。激しく危険な嵐から逃れたタイムバンディット号は、穴場の漁場へと向かう。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 4 (Intl. Version)

Storm Season  Sub

タラバに続きズワイガニ漁シーズンとなったベーリング海で、最も危険な数ヶ月が始まった。8200万ドルにもなる獲物をとるために、漁船団は極寒で荒れる海へと出航していく。しかし、ウィザード号は2つの嵐に見舞われ、コーネリアマリー号は修理を終えてから初めての出航だったが、まだ解決すべき点が残っていた。タイムバンディット号では、2人の船員が危うく命を落とすところだった。そして、沿岸警備隊に病人の搬送要請が入る。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 4 (Intl. Version)

No Season For Old Men  Sub

アラスカはベーリング海のタラバカニ漁史上、最もつらく大変なシーズンがあと少しで終わる。しかし…コーネリアマリー号は夜間にエンジン出力が下がり、荒れる海に翻弄されていた。甲板上でアクシデントの起きたノースウエスタン号の作業速度は大幅にダウン。アーリードーン号では、船員間のもめ事がおさまっていなかった。そしてウィザード号とタイムバンディット号の2隻は、どちらが漁獲量で勝つかの決着を付けようとしていた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 4 (Intl. Version)

Seeking The Catch  Sub

タラバガニ漁のシーズン終了が近づくにつれ、まだ空のカゴをたくさん抱える船では、1杯でも多くのカニをゲットしようと、船員たちの奮闘が続いていた。ウィザード号がクラゲの足に悩まされている一方で、タイムバンディット号は状況が少しでも好転するようにと、ゲンかつぎのまじないをかける。ノースアメリカン号は、今まで無駄にした時間を取り戻そうと懸命で、コーネリアマリー号は船長不在の事態をなんとか乗り切ろうとする。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 4 (Intl. Version)

Racing The Clock  Sub

タラバガニのシーズン終了まで数週間…。ノースウエスタン号は期限までに水揚げしなければ、数万ドルもの損失を出す羽目になりそうだった。タイムバンディット号では豊漁となったが、甲板員がケガをしたり船の動力を失いぼや騒ぎまで起こる始末。アーリードーン号のリック船長が、息子と新人甲板員の争いから生じる不協和音に悩む一方、ウィザード号は記録的な水揚げ量を記録した。各船の明暗が分かれる中タイムリミットが迫る。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 4 (Intl. Version)

No Mercy  Sub

5週目に入ったカニ漁だが、ひどい天候と極寒の中で船団は苦戦を続けていた。ウィザード号ではひとりのクルーがとった態度により、全員の士気が急降下。電気系統の故障に見舞われたタイムバンディット号は、貴重な時間をロスしていた。反抗的な新人を抱えたノースウエスタン号。コーネリアマリー号のフィル船長は体調の悪化が止まらず、一緒に乗り組む長男は心配でならなかった。そして、アーリードーン号は新人に操舵をまかせた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 4 (Intl. Version)

Unsafe And Unsound  Sub

ウィザード号に乗り組む最年長の新人が漁に疲れ、精神的体力的な限界に近づいていた。コーネリアマリー号ではカニの居所を発見できず、フィル船長の苛立ちが爆発しそうになっていた。息子のジョシュが事態を打開しようと、おまじないをする。ノースウエスタン号のシグ船長と弟のエドガーは、4日間身を粉にして働き2人の不眠競争が続く。そしてタイムバンディット号の船長の息子、スコッティはカニ漁を続けるかどうか悩んでいた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 4 (Intl. Version)

Numbers Game, A  Sub

大当たりを出したのはタイムバンディット号。その一方で、ウィザード号は機械故障によりペースダウンを余儀なくされていた。ノースウェスタン号も好漁となったが、新人の獲ったカニの数え方に不安を覚えるシグ船長だった。さらに機械故障が起こり、エドガーが危険な修理を試みる。コーネリアマリー号は不漁で、ストレスのたまったフィル船長の健康状態が悪化。アーリードーン号は獲物を変更し、最初のカゴを荒れた海に投下する。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 4 (Intl. Version)

Striking Out  Sub

出航した漁船の乗組員たちは、嵐の海で奮闘中。ウィザード号では新人2人のうちひとりが、48時間しか経っていないのに音を上げ始めた。ノースウェスタン号は高波に翻弄され、最初に引き揚げたカゴはクラゲの方が多いという結果。タイムバンディット号のクルーは、コーネリアマリー号にいたずらをしかけていた。コーネリアマリー号は、いつもより早く漁を開始したが成果は空振り。そして、アーリードーン号は新たな獲物を捜していた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 4 (Intl. Version)

Get 'em Back Safe!  Sub

「どうか無事に帰ってきて!」カニ漁の船団が現代のゴールドラッシュよろしく、タラバガニの群れを追って出航する。ウィザード号は荒れた海で船体を損傷し、ダッチハーバーへ着くことも危ぶまれていた。ノースウェスタン号では新しいシンボルがお披露目され、タイムバンディット号にはジョナサンの息子スコットが乗り組んだ。そしてウィザード号では2人の新人が漁について教わり、ノースウエスタン号は出航前の修理に追われていた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch Season 4 (Intl. Version)

もっと見る

ギャラリー

おすすめ番組