Trending

Special

月面着陸の真相 

Show

分裂する小惑星 

Episode

宇宙からの破壊兵器 

Live

宇宙遊泳の罠 

Special

ナチスと月探査 

Special

北海道の味覚 

Show

比叡山延暦寺の精進料理 

Show

アストンマーティンV12ヴァンテー 

Recommended shows

番組内容

凍てついたベーリング海で行われるアラスカのカニ漁は世界で最も危険で厳しい仕事のひとつだ。極寒の天候と荒れ狂う海で繰り広げられる航海で、現代のゴールドラッシュとも言えるカニ漁が不眠不休で続く。漁師と冒険家という2つの側面を持つユニークな男たちは一攫千金を求めて北の海に集まるが、全員が戻ってくるという保証はどこにもない。6隻の船とクルーたちの壮絶な戦いが始まる。

エピソード

エピソード名

Final Run, The  Sub

極寒のベーリング海でカニ漁に挑む男たちを追った…ズワイガニ漁の解禁期間終了まで24時間を切り、各船の船長とクルーたちは疲弊した体に鞭を打って猛チャージをかける。いつもの漁獲に及ばない船はなんとか平均値まで穫りたいと願い、獲れすぎた船は過積載となって危険な状態に。そして満杯のカニを水揚げし、もう一度満杯にしようとアタックをかける船…ライバルそして時計の針との戦いが最後まで続く。一攫千金を狙った男たちのシーズンが終わろうとしていた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch

Clock's Ticking, The  Sub

極寒のベーリング海でカニ漁に挑む男たちを追った…2005年ズワイガニ漁が解禁されて84時間、漁期間短縮の噂に各船は1匹でも多くカニを獲ろうと必死に作業していた。カニ漁解禁期間が短縮されるのではないかという噂により、各船は1匹でも多くのカニを穫ろうと必死に作業していた。北側で不漁に終わったストーン船長は、最後の望みをかけて豊漁に沸く南側へ転進。ウィークス船長は終盤になってからやっと大穴を当てて、カニの入ったカゴを急ピッチで引き上げる。中には獲れすぎたカニが船倉に納まらず、甲板に積み上げる船もあった。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch

Good Fishing  Sub

極寒のベーリング海でカニ漁に挑む男たちを追った…3日目を迎えたズワイガニ漁は、季節外れの暖かい天気と静かな海に恵まれ、船団は記録的な漁獲高をあげつつあった。新米船長のリックも順調に漁をしていたが、さらに多くのカニを求めて南の海域へ進出する。しかし、またもや電気系統のトラブルが発生しあわや火事になるという事態に。クルーは漁を中止して船を守ろうと奮闘する。そんな中、大漁のためにカニ漁解禁期間が短縮されるのではないかという懸念が広がっていた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch

High Hopes  Sub

極寒のベーリング海でカニ漁に挑む男たちを追った…カニ漁が解禁されて12時間、ベーリング海はすでに6人の命を奪っていた。漁を始めていた船ではカゴの引き上げが始まり、大漁かどうかを占う最初のあがりでカニを捕らえた船とそうでない船とに分かれていた。沈没した僚船の生存者を捜すために、6時間を費やしたリック船長とクルーたちは、ロスを挽回するために他船が操業するよりもはるか南の海域で勝負に出る。天候も徐々に回復して、ベーリング海は珍しく静かだった。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch

Man Overboard  Sub

極寒のベーリング海でカニ漁に挑む男たちを追った…順調な滑り出しとは言えない2005年のアラスカ・ズワイガニ漁、救助を求めた船は沈み、乗組員は未だ行方不明だった。仲間の船は生存者を救助しようと、凍てつくベーリング海を捜索していた。事故を知りながらも他の船では距離がありすぎ、救助に参加することは不可能だった。その中で新米船長のマイルスは、自分の船とクルーたちに対する責任の重大さを認識していた。彼には船主からのプレッシャーもかかっていた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch

Dead Of Winter  Sub

極寒のベーリング海でカニ漁に挑む男たちを追った…アラスカ、ダッチ・ハーバーでズワイガニ漁のシーズンが開始、171隻の漁船がカニを求めて出港した。そのうちの1隻から煙が上がった。一攫千金のチャンスをふいにしたくないピーター船長はなんとか自力で修理を試みるが、電気系統のトラブルは手に負えない事態に。さらにもう一隻から救難信号が出され、悪天候をものともせず沿岸警備隊が出動を試みるが、ピーターの僚船を救出するには遠すぎた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch

Beat The Clock  Sub

極寒のベーリング海でカニ漁に挑む男たちを追った…タラバガニ漁の終了を告げる真夜中の刻限まで半日を切り、各船のクルーたちは少しでも多くのカニを穫ろうと必死だった。やっと網を海に入れた船は、それまでの損失分を取り返そうとフル回転で網を引き上げる。仲間と離れた海上で、のるかそるかのギャンブルに出たハンセン船長は大きな勝利をつかんだ一方、アンダーソン船長の船は十分な操業ができずに赤字必至。そして初乗船となった新人クルーたちは、シーズンをどう終えたのか。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch

Lady Luck  Sub

極寒のベーリング海でカニ漁に挑む男たちを追った…今日中にカニを見つけなければすべての努力は水泡に帰し、漁獲0という受け入れ難い事態に発展するかも…。すべての船長が大きなプレッシャーを感じていた。ハンセン船長は新しい場所での賭に出て、その結果をじりじりと待っている。ラッキーレディという船のシャベンダー船長は、カニ漁よりも新入りがケガをしたことの方が気になっていた。そしてアンダーソン船長は操業中に船の修理に追われ、乗組員からリーダーシップを疑われていた。。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch

Long Sleepless Nights  Sub

極寒のベーリング海でカニ漁に挑む男たちを追った…網をセットする眠れぬ夜が終わり、漁師たちは船長の引き上げ合図を待つだけになった。彼はそれぞれ、効率よく最大の漁獲高を実現する術を心得ているが、最初のヒットによって漁の雰囲気が決まってくるという。ついに網の引き上げが始まり、カニのかかっている網を引き上げる船と、そうでない船とが明らかになる。カニを穫ることのできなかった船は、大急ぎでカニの居場所を探して戦術の転換を図らねばならない。時間との勝負だ!

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch

Greenhorns  Sub

極寒のベーリング海でカニ漁に挑む男たちを追った…2005年のタラバガニ漁の解禁と共に、1500名の漁師が一攫千金を求めて、アラスカのダッチハーバーに集結。そこには251隻の漁船と251人の船長がいて、その数だけカニ漁を司る戦略があるのだった。挑戦に燃える19歳の大学生、42歳にして人生最大の冒険を望む男、昨年操業中に海へ転落したが生還した者…無線でのカウントダウンが始まり、夢を掴む最初の網が海へと投げ入れられた。

放送日時

シリーズ名

Deadliest Catch

もっと見る

ギャラリー

おすすめ番組