Trending

Special

月面着陸の真相 

Show

分裂する小惑星 

Episode

宇宙からの破壊兵器 

Live

宇宙遊泳の罠 

Special

ナチスと月探査 

Special

北海道の味覚 

Show

比叡山延暦寺の精進料理 

Show

アストンマーティンV12ヴァンテー 

Recommended shows

番組内容

ごく一般的な電子機器を持ち、文明から遠く離れた大自然の中でサバイバルに挑戦。頼れるものは持参した機器とごくわずかな装備と自然の恵みだけ。トラップやアラームを仕掛けて身を守り、食べ物を探して料理しながら食いつなぐ。そして文明世界へと帰還するのだ。挑戦するのは「デジタル・サバイバー」のアンディ。電子機器がまったく役に立たないと思えるような過酷な環境で、サバイバルの新しい手法は見つかるのだろうか。

エピソード

エピソード名

Escape from Death Valley  Sub

今回はカリフォルニアのデスバレーでサバイバル。まずアンディは干上がった湖の底から、水があることを祈って山を登る。トレッキングポールや非常用ブランケットなどで奇妙な見た目の帽子を作り、日差しをよける。やがて、肉食獣のいた痕跡を発見。一晩中たき火が消えないよう、気温センサーでアラームを作る。その後は凧を作ると、携帯電話をつけて高く揚げる。通れそうな道や水がないか調べるのだ。

放送日時

シリーズ名

Hacking The Wild

Deadly Glacier  Sub

今回はアラスカの氷河でサバイバル。見渡す限り荒涼とした景色が広がり、生命が存在しているようには見えない。普通に歩くだけでも危険なため、まずアンディはパソコンで靴につけるクランポンを作る。また、日差しが強いため、パソコンのスクリーンを利用して即席サングラスを作ることに。曇りの日でも太陽の位置を確認できる優れものだ。ステンレスのマグカップは"携帯キャンプファイア"に変える。

放送日時

シリーズ名

Hacking The Wild

Alaskan Ice Forest  Sub

今回の舞台はアラスカの深い森。まず周りの環境を把握するため、アンディは棒で弓を作ると携帯電話を録画モードにして頭上へ放つ。また、クマが出没するため、夜中に侵入者が現れたら分かるようにレーザーのフェンスを作る。別の日、森の中で動物の死骸を発見。その一部を意外なことに活用する。その後は小川に行き当たる。きれいな水に見えるがバクテリアがいる心配があるため、ある方法でバクテリアを除去する。

放送日時

シリーズ名

Hacking The Wild

Black Bayou, The  Sub

今回のサバイバルの舞台はルイジアナ州の湿地帯。アンディはアリゲーターやヘビが潜む沼地に胸までつかりながら、ゴールを目指す。沼地を一日中歩くと疲れ果て、泥まみれになっていた。そこで彼は服を乾かすドライヤーを作り始める。日が暮れてくると、今度は食料を調達することに。アイデアの光る方法で虫を捕まえると、虫バーガーを作る。その後は即席ラジオを作ってゴールとなる人里を探す。

放送日時

シリーズ名

Hacking The Wild

Desert Island Castaway  Sub

アンディが太平洋の無人島でサバイバル。島を見て回った後、海水を自動で真水に変える装置を作る。島では熱帯低気圧に見舞われる恐れもあり、油断ができない。途中、偶然にも史上最悪と呼べるほどまずい料理を作り出す。しかし、それだけでは栄養が足りない。そこで彼は海に注目。手際よく水中メガネを作ると、海の中に食べ物がないか探す。さらに、たき火が消えないようにする装置も考案する。

放送日時

シリーズ名

Hacking The Wild

Curse Of The Jungle  Sub

今回、アンディは雨が多い熱帯のジャングルでサバイバルに挑戦。毎年大量の雨が降るため鉄砲水が起きやすく、木々が生い茂っている。この環境で電子機器が使えるか不明だが、それより心配なのはこの大自然だ。切り立つ崖や迷いやすいジャングルが彼の行く手を遮る。この地をよく知る探検家でさえ、迷って命を落とすことがあるという。果たして無事ゴールにたどり着くことができるのだろうか。

放送日時

シリーズ名

Hacking The Wild

もっと見る

ギャラリー

  • デジタル・サバイバル
  • デジタル・サバイバル
  • デジタル・サバイバル
  • デジタル・サバイバル
  • デジタル・サバイバル
  • デジタル・サバイバル
  • デジタル・サバイバル
  • デジタル・サバイバル

おすすめ番組