Trending

Special

月面着陸の真相 

Show

分裂する小惑星 

Episode

宇宙からの破壊兵器 

Live

宇宙遊泳の罠 

Special

ナチスと月探査 

Special

北海道の味覚 

Show

比叡山延暦寺の精進料理 

Show

アストンマーティンV12ヴァンテー 

Recommended shows

番組内容

エピソード

エピソード名

Episode 19  Sub

当たり前にある物の裏側にある驚くべきテクノロジーを紹介する/今回は潜水艦救助のプロたちに完全密着し、その舞台裏をお届けする。海で事故が起きれば潜水艦は何百メートルも深い場所へ引きずり込まれてしまう。すると温度が急激に下がり、酸素が欠乏し、乗組員には確実に死が訪れる。潜水艦の救助とは、どのように行うのだろうか。5月下旬、スペインの港に20隻の潜水艦が集まった。救助演習“ボールド・モナーク”が開かれるのだ。参加国はアメリカ、スペイン、イギリスを含む10ヶ国。演習では潜水艦が遭難したと想定し、捜索と乗組員の救助を行う。国籍を超えて演習を行うことで、実践で少しでも多くの命を救おうとしているのだ。

放送日時

シリーズ名

How Do They Do It? 8

Episode 20  Sub

当たり前にある物の裏側にある驚くべきテクノロジーを紹介する/豪華客船の航海やトリュフの採取法、道路建設の謎に迫る。巨大な豪華客船が完成し、フィンランドからフロリダへ航海することになった。しかし、その途中に船の高さより低い橋があるから問題だ。うまく解決する方法はあるのだろうか。トリュフはダイヤモンドとも称される高級食材。2007年には33万ドルの値がついたものもある。なんと高級車が買える値段だ。トリュフを採取する際には人間にはない特殊な能力が必要とされる。米国だけでも毎年2万6000キロの道路が造られている。20年間、トラックが走行しても持つようにするには、どのような工夫が要るのだろうか。

放送日時

シリーズ名

How Do They Do It? 8

Episode 17  Sub

当たり前にある物の裏側にある驚くべきテクノロジーを紹介する/今回は運送会社や築地市場の舞台裏、クリケット用バットの製造工程をのぞいてみよう。ある運送業者は毎日5000万個以上の荷物を配送する。最短距離を割り出し、何万ものトラックや何百もの輸送機を使って荷物を届けているのだ。日本人は魚介類の好きな民族。水揚げされた大量の魚が日本で消費されている。築地市場では、一体どのように競りが行われているのだろうか。イギリス人に人気のクリケットは今や世界中で楽しまれているスポーツだ。それには専用のバットが欠かせない。クリケットのバットは科学技術と職人技の見事な融合によって作られているのだった。

放送日時

シリーズ名

How Do They Do It? 8

Episode 18  Sub

当たり前にある物の裏側にある驚くべきテクノロジーを紹介する/高速で走るボートや腕時計ができるまでの舞台裏を追う。また劇場の壁紙張り替え作業に密着。世の中には時速200キロで走るボートがある。海や地上を走る乗り物で、この速さに匹敵するものはない。その建造には高い技術が必要とされる。腕時計と言えばスイスが有名だ。毎年2600万個以上が輸出されている。技術の粋が集まった一級品は完成までに14ヶ月かかるという。果たして、その工程とは。最後に紹介するのは壁紙の張り替え作業。1928年にオープンしたロンドンを代表する劇場、ピカデリー・シアターの壁紙を張り替える。劇場はどのように生まれ変わるだろうか。

放送日時

シリーズ名

How Do They Do It? 8

Episode 15  Sub

当たり前にある物の裏側にある驚くべきテクノロジーを紹介する/今回は和太鼓の製作工程やエコカーやパスタの製造工程をのぞいてみよう。日本では樹齢700年の木で重量2トンの太鼓を作る。太鼓の歴史は古く、日本神話にも登場する。5年かけて作る太鼓は何百年も持つというが、その製作技術とは?環境問題を重視したテネシー州の自動車工場。エコカーの生産だけでなく、製造工程や設備、工場自体まで環境に配慮した作りだという。最後に紹介するのはパスタ。乾燥パスタは長期保存が可能で、家庭の食卓から5つ星のレストランまで、世界中で親しまれている。小麦粉と水からパスタが生まれる製造工程に迫る。

放送日時

シリーズ名

How Do They Do It? 8

Episode 16  Sub

当たり前にある物の裏側にある驚くべきテクノロジーを紹介する/今回はソーセージやライフルの製造工程の舞台裏や、カジノの不正防止対策の秘密に迫る。ソーセージはドイツで生まれ、世界中に普及した食品だ。何千トンもの豚肉が大量に加工されている巨大な工場を見てみよう。次に紹介するのはライフル。今日、戦場で使われているものの中には1000メートル先の標的を撃ち抜けるものもある。その製造には高い技術が取り入れられていた。カジノでは経営者側に利益が出るようになっているが、イカサマが横行すれば事情は変わる。カジノ界ではイカサマを阻止するため、莫大な費用がつぎ込まれ、1つの大きなビジネスとなっているのだった。

放送日時

シリーズ名

How Do They Do It? 8

Episode 13  Sub

当たり前にある物の裏側にある驚くべきテクノロジーを紹介する/戦後に残された地雷の処理方法やリンゴ酒の作り方、除草機の製造過程の舞台裏をのぞいてみよう。デンマークでは第二次世界大戦後、150万個の地雷が取り残された。60年以上たった今も、どこに埋められているか分からない地雷が存在する。地雷の処理作業には命の危険がつきまとう。イギリスでは毎年6億リットルのリンゴ酒が製造されている。甘い果実を酒に変える工程には驚きの技術が取り入れられていた。除草機は重たい従来の芝刈り機では刈りづらい部分の草も刈ることができる。この小さな機械のパワーの秘密に迫る。

放送日時

シリーズ名

How Do They Do It? 8

Episode 14  Sub

当たり前にある物の裏側にある驚くべきテクノロジーを紹介する/今回は巨大テントの設営やエレクトリック・ギターの製造工程の謎に迫る。ビッグアップル・サーカスでは驚きと笑いに満ちた時間を体験できる。そのサーカスのテントは高さ約20メートル、2000人を収容可能で、雨や風にも強い。しかもわずか36時間で組み立てることができる。どうして、そのようなことが可能なのだろうか。弦の振動を電気信号に変えて演奏できるエレクトリック・ギターはジミ・ヘンドリックスやビートルズたちも使っていたクールな楽器だ。それには世界に認められた日本の技術が詰まっていた。果たしてその仕組みとは。

放送日時

シリーズ名

How Do They Do It? 8

Episode 11  Sub

当たり前にある物の裏側にある驚くべきテクノロジーを紹介する/今回は耐久レースに使われる車やラム酒の製造工程をのぞいてみよう。世界的に有名な“デイトナ24時間レース”では、48台の車が4000キロ以上の距離を時速300キロにも及ぶスピードで競い合う。レースはドライバーや車を極限状態に追い込む。一体、どのような技術がこのレースを支えているのだろうか。サトウキビを原料とし、17世紀にカリブで生まれたとされるラム酒は、現在世界中で愛され、年間10億リットル以上が生産されている。トリニダードだけでも700万本以上のボトルが製造されているそうだ。その製造工程の秘密に迫る。

放送日時

シリーズ名

How Do They Do It? 8

Episode 12  Sub

当たり前にある物の裏側にある驚くべきテクノロジーを紹介する/今回注目するのはロシアのキャビア、日本の陶磁器、プロも使用するサッカーシューズ。キャビアはロシア皇帝やジェームズ・ボンドなどの美食家に愛された珍味だ。中には1キロ当たり何千ドルもの価格で取引されるものもある。その養殖方法を調べてみよう。日本に古くから伝わる茶道。茶会では伝統的な手法で作られる陶磁器が用いられる。一体どうやって、このもろくも美しい茶碗が土から生まれるのだろうか。また、世界中で人気のスポーツ、サッカーで一流選手になるには優れたサッカーシューズが欠かせない。その工夫されたデザインの秘密に迫る。

放送日時

シリーズ名

How Do They Do It? 8

Episode 9  Sub

当たり前にある物の裏側にある驚くべきテクノロジーを紹介する/アコーディオン、わさび、カモを呼び寄せる鴨笛を特集する。イタリアのカステルフィダルドにある、アコーディオン製造の大手メーカーの舞台裏を見てみよう。高級なものになると2万ドルの値がつくというが、15000個以上のパーツを、熟練した職人が何日もかけて組み立てていく様子は、それだけの価値が見てとれる。日本アルプスの山麓にあるワサビ農場では、年に300トン以上のワサビを生産している。いまやアイスやチョコレートにまで使われるようになったワサビの秘密に迫る。そして、鳥さえも聞き間違えるような見事な鳴き声を鳴らす鴨笛の製作者に密着する。

放送日時

シリーズ名

How Do They Do It? 8

Episode 10  Sub

当たり前にある物の裏側にある驚くべきテクノロジーを紹介する/TOTOウォシュレット、無人ヘリコプター、削岩機を特集。日本のTOTOウォシュレットは、トイレとしての機能のほか、人の体重や体温を測ったり、好みの曲を演奏したりもする。450個以上のパーツを手作業で組み立てるその製造過程を公開する。米国のノースロップ・グラマン社とアメリカ海軍は、世界初の無人ヘリコプターを開発し、滞空8時間、12000フィートもの上空を飛行させることに成功した。麻薬密輸業者の摘発に使われた、この画期的なヘリコプターの秘密とは?その他、1時間に3トンのコンクリートを削岩できるジャックハンマーの製造工場の裏側に迫る。

放送日時

シリーズ名

How Do They Do It? 8

Episode 7  Sub

当たり前にある物の裏側に潜む驚くべきテクノロジーを紹介する/ルーレット、オリーブオイル、バットモービルを特集。少しでもバランスが崩れたルーレットは、鋭いギャンブラーに目をつけられてしまう。ペンキも全て滑らかでなくてはならないその製造は、いわば技術と精度の結晶だ。ルーレット製造の技術を追う。オリーブオイルの中でも、熟し始めたオリーブからとれた純粋な果汁はエクストラ・バージンと呼ばれ、重宝される。熱も化学薬品も使わずに抽出されるオリーブオイル搾取の様子を見てみよう。また、映画「バットマン」に登場するバットモービルのレプリカを作成する男性に密着。このレプリカの値段はなんと15万ドルにもなるという。

放送日時

シリーズ名

How Do They Do It? 8

Episode 8  Sub

当たり前にある物の裏側に潜む驚くべきテクノロジーを紹介する/世界最大のアイスホッケー大会と、自動車工場の舞台裏に迫る。11万人収容のアメリカ最大のフットボール・スタジアム、ビッグ・ハウス。この場所を屋外アイスリンクに造り変える作業に密着する。強風と氷点下の寒さが襲うなか、48時間でリンクの下地を造り上げ、激しい試合に耐えうる氷を張らなければならない。何層にも分けて丁寧に氷を張っていかなければ十分な強度が得られないのだ。テネシー州のフォルクスワーゲンの新工場では、年間15万台の生産を目指し、2000人の従業員と、400台のロボットを投入。この工場の裏側に迫る。

放送日時

シリーズ名

How Do They Do It? 8

Episode 5  Sub

当たり前にある物の裏側にある驚くべきテクノロジーを紹介する/スイスチーズ、エイブラムス戦車、英国国立図書館の舞台裏に迫る。スイスのエメンタールチーズに開いている穴はどうやってできるのだろう?生産者はチーズを叩いてまわり、穴の場所をチェックしてチーズを裏返すのだ。60年代に設計され、80年代に製造されたM1エイブラムス戦車は、その車体に改良を加えられ、荒地をもっともスムーズに移動できる戦車として今も利用されている。最新のテクノロジーで生まれ変わる戦車の様子を公開する。1億5千冊を収蔵している英国図書館では、延べ262キロメートルにもわたる棚をかけめぐり、ロボットが要求された本を見つけ出す。

放送日時

シリーズ名

How Do They Do It? 8

Episode 6  Sub

当たり前にある物の裏側にある驚くべきテクノロジーを紹介する/真珠、プレッツェル、ベニスのゴンドラを特集する。アコヤ貝から真珠を育て上げる技術を100年前に開発したミキモト。様々な要因で採取が難しくなっているが、この技術は今日も使われている。プレッツェルは、その昔、手作業でひねられていた。米国でメジャーになった今では、機械でひねりを加えているが、そのレシピは変わらずに伝統を受け継いでいる。ヴェネチアのゴンドラは、製造に丸1年、船頭の養成には2年もの歳月がかかるという。280本の木を使って作られ、都市の浅瀬に対応するために形を変えてきたゴンドラの製造過程と、船頭のオールの操縦技術に迫る。

放送日時

シリーズ名

How Do They Do It? 8

Episode 3  Sub

当たり前にある物の裏側にある驚くべきテクノロジーを紹介する/NYの巨大刑務所、郵便ポスト、ジャムの舞台裏に迫る。ニューヨークにあるライカーズ・アイランドは、最大16000人収容の世界最大級の刑務所だ。年に数千個もの武器が押収され、ニューヨーク全土で最も危険といわれたこの場所を安全な刑務所に変えるため、あるテクノロジーが有効活用されている。イギリスの赤い郵便ポストは、強い雨風や、無謀なドライバー、泥棒など、様々な外敵に耐え、中には150年以上も活躍しているものもある。特別な鉄を使って作られるポストの強さの秘密をお届けするほか、イギリス王室も御用達のジャムメーカーの果樹園と特別レシピにも迫る。

放送日時

シリーズ名

How Do They Do It? 8

Episode 4  Sub

当たり前にある物の裏側に潜む驚くべきテクノロジーを紹介する/ラガービール、トランプ、ガルフストリームジェットの舞台裏に迫る。番組では、大手ビールメーカー、バドワイザーの醸造所を訪れ、年に10億本のビールが生産されている様子を公開する。オリジナルに忠実な味であることを毎日テイスティングして確認しているのだという。また、トランプの製作現場にも密着。ギャンブラーにトリックを仕組まれないカードを作るため、実は特殊な技術を用いて作られているのだ。時速約1000kmを誇るガルフストリーム社の豪華ビジネスジェットは、従来の旅客機よりも4500m上空を飛ぶことができる。その強靭な機体の建造の秘密とは?

放送日時

シリーズ名

How Do They Do It? 8

Episode 1  Sub

当たり前にある物の裏側にある驚くべきテクノロジーを紹介する/今回はフグ、貨物列車、タータン模様についての舞台裏に迫る。30人分の致死量になる毒を体内に持つ日本のフグは、世界で最も高価で危険なごちそう。番組では、毒のある内臓を取り除く調理師の特訓風景をお届けする。アメリカ国内の4分の1の貨物を取り扱うという、シカゴの貨物ハブ。毎日1000台以上もの貨物列車が通り抜けるレールを仕分ける秘密とは?同じ柄はふたつとないスコットランドの伝統模様、タータンチェック。何百もの異なるデザインが存在する中、それでキルトを作ることは想像以上に大変なプロセスがあるのだ。

放送日時

シリーズ名

How Do They Do It? 8

Episode 2  Sub

当たり前にある物の裏側にある驚くべきテクノロジーを紹介する/今回はボーリングの球、タワーブリッジ、グミベアの舞台裏をお届けする。カーブを加える回転を生みだすボーリングの球はどのように設計されているのか?番組では、大手メーカー、エボナイト社を訪問し、その秘密に迫る。ロンドンの観光名所、タワーブリッジは、毎年1400万台以上もの車両が通るのに加え、100年以上前から跳ね橋としても活躍している。橋の開閉を担うエンジニアに密着し、巨大護衛艦を通過させる様子を追う。世界中で愛されているグミベアのハリボ。毎日1億個が作られる彼らのレシピは不変だが、その舞台裏では常に新たなデザインを取り入れているという。

放送日時

シリーズ名

How Do They Do It? 8

もっと見る

ギャラリー

おすすめ番組

x